@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サギゴケ【さぎごけ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サギゴケ
さぎごけ / 鷺苔
[学]Mazus miquelii Makino
ゴマノハグサ科の多年草。走出枝を伸ばして広がり、葉は根際に群がってつく。春、葉の間から長さ10~15センチメートルの花茎を出し、数個の花をつける。花は紅紫色で長さ1~1.5センチメートル、唇形で下唇は広く、上唇は短く先が2裂してとがる。花柱の先はへら形で上下2枚に分かれ、虫などが触れると急速に閉じる。畦(あぜ)道などのやや湿った所に生え、日本全土および中国に分布する。名は、短くとがる花冠の上唇がサギの頭を思わせるのでつけられたと考えられる。また本種を花の色からムラサキサギゴケと称し、白色花のものをサギゴケとよんで区別することがあるが、普通にみられるのは紫色花であり、あえて区別する必要はない。[山崎 敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サギゴケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サギゴケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation