@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サクリファイス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サクリファイス
sacrifice
訳語は「供犠」。フランスの G.バタイユは,宗教儀礼としての供犠が,現代の人間社会のなかにも依然として存在し続けていると説いた。社会構造や秩序の維持・形成のための根本原理としてある自己犠牲が個々人の内面に導入されると,自己を象徴的に殺害することが道徳観念として生成されてくる。これが,いわゆる社会のための「献身」である。社会と個人の内面に存在するこうしたサクリファイスが,政治面において暴力的サクリファイスとして猛威を奮ったのが,ドイツ・ナチズムによるユダヤ人虐殺であるとする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サクリファイス
近藤史恵の小説。2007年刊行。自転車ロードレースを題材とする青春ミステリー。2008年、第10回大藪春彦賞受賞。同年、第5回本屋大賞にて2位入賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクリファイス
1986年製作のフランス・スウェーデン合作映画。原題《Offret》。『僕の村は戦場だった』『惑星ソラリス』などの映画監督アンドレイ・タルコフスキー遺作。出演:エルランド・ヨセフソン、スーザン・フリートウッド、アラン・エドバルほか。第39回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクリファイス
米国の作家アンドリュー・ヴァクスのハードボイルド(1991)。原題《Sacrifice》。「アウトロー探偵バーク」シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サクリファイス【sacrifice】
犠牲。供犠くぎ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サクリファイス
〘名〙 (sacrifice) 犠牲。いけにえ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サクリファイス(sacrifice)
いけにえ。犠牲。
[補説]作品名別項。→サクリファイス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サクリファイス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サクリファイスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation