@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サザランド(Graham Sutherland)【さざらんど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サザランド(Graham Sutherland)
さざらんど
Graham Sutherland
(1903―1980)

イギリスの画家。ロンドンに生まれ、同地で没。現代イギリス絵画の先駆的地位を占める。ロンドンのゴールドスミス学校に学び、若いころは、ブレークやパーマーの初期の作風の影響を受け、幻想的な作品が多い。虫や木の葉など、無名のものの生命を掘り起こすような作風である。第二次世界大戦中、従軍画家としてイタリアからドイツまで行き、破壊された建物などを記録すると同時に、ボルゴ・サンセポルクロのピエロ・デッラ・フランチェスカの『キリストの復活』に感銘を受け、やがて、コルマールのイーゼンハイム祭壇画の磔刑(たっけい)に衝撃を受け、以後、「茨(いばら)」「荊冠(けいかん)」の連作が生まれ、キリストの磔刑図にとりかかる。1944年ノーサンプトンのセント・マシュー聖堂の『キリスト磔刑図』を代表作とみてよかろう。モームやチャーチルの肖像画も知られる。

[岡本謙次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サザランド(Graham Sutherland)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サザランド(Graham Sutherland)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation