@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サスペンス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サスペンス
suspense
ストーリーの展開において,この先どうなるのかという不安感・危機感を与えることで,観客・読者の興味をつなごうとする映画・演劇・小説の技巧。推理小説の中で,論理的ななぞ解きを主眼とする本格物に対して,心理的な恐怖感に訴える物をサスペンス小説と呼ぶこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サスペンス(suspense)
《未解決・不安・気がかりの意》小説・ドラマ・映画などで、筋の展開や状況設定などによって、読者や観客に与える不安感や緊張感。また、その小説・ドラマ・映画など。「サスペンスドラマ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サスペンス【suspense】
不安感や緊張感。特に映画・小説などで、危機的な場面に観客・読者が覚える、はらはらする感情。 スピード・スリル・- ストーリー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サスペンス
さすぺんす
suspense

ラテン語suspensus(吊(つ)るすの意)が語源。気がかり、不安な状態をさし、小説、なかでも推理小説、冒険小説、恐怖小説などで、解決の糸口がつかめず読者をはらはらさせる緊張感の効果をいう。演劇、映画でも観客の不安を高め、どんでん返しの結末へと飽きさせずにひきつけていく手法に用いられる。推理小説ではアガサ・クリスティ、映画ではヒッチコックがこの手法に長(た)けていた。

[船戸英夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サスペンス
〘名〙 (suspense 「未解決、不安、気がかり」の意) 映画、ドラマ、小説などの物語の展開が、観客や読者に与える不安と緊張感。また、その映画、ドラマ、小説など。〔モダン辞典(1930)〕
※合本俘虜記(1952)〈大岡昇平〉労働「イギリス流のレアリズムに適当にサスペンスを盛った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サスペンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サスペンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation