@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サセプタンス

世界大百科事典 第2版

サセプタンス【susceptance】
電圧と電流との比をインピーダンス,その逆数,つまり電流と電圧との比をアドミタンスという。サセプタンスはアドミタンスの虚数部である。正弦波交流電圧V(V)を加えたとき,流れる電流I(A)をVと同相の成分Irと90゜位相の進んだ成分jIi(jは虚数記号)との和で表したとき,サセプタンスはIi/V(S)であり,抵抗RCとの並列回路の場合,ωC(ωは角周波数)がサセプタンスである。【曾根 悟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サセプタンス
させぷたんす
susceptance

交流回路における電流(正弦波)の流れやすさを表す量。アドミタンスの虚数部にあたり、リアクタンスの逆数となる。交流回路において電流の流れを妨げる要素は、抵抗、インダクタンス(誘導係数)、キャパシタンス(静電容量)の三つである。抵抗成分(おもに抵抗器)を流れる電流は、抵抗成分の両端の電圧と同位相であるのに対し、インダクター(インダクタンスを生じるもの。おもにコイル)を流れる電流は、インダクターの両端の電圧に対して位相がπ(パイ)ラジアン遅れる。またキャパシター(キャパシタンスを生じるもの。おもにコンデンサー)を流れる電流は、キャパシターの両端の電圧に対して位相がπラジアン進む。この性質は、交流理論で用いられる複素数(実数と虚数単位で表される数)表示では虚数で表される。インダクターによるサセプタンスを誘導性サセプタンス、キャパシターによるサセプタンスを容量性サセプタンスという。交流回路のサセプタンスは、回路中の自己インダクタンス、相互インダクタンス、キャパシタンスおよび周波数によってその値が決まる。単位はジーメンス(S)。記号はBで、コンダクタンス(記号はG)とアドミタンス(記号はY)との関係は、YGjBjは虚数単位)である。

[布施 正・吉澤昌純]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サセプタンス
アドミタンス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サセプタンス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サセプタンスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation