@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サダト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サダト
Sadat, Muhammad Anwar al-
[生]1918.12.25. ミヌフィーヤ
[没]1981.10.6. カイロ近郊ナスル
エジプトの軍人,政治家。 1938年,陸軍士官学校を卒業し,通信将校となる。第2次世界大戦中,ドイツのスパイとの接触のかどで投獄。戦後は政界指導者暗殺事件で裁判にかけられたが,証拠不十分で放免。 50年に軍籍に復帰後ナセルらとともに自由将校団を結成。 52年の革命後,政府機関誌編集長,国務相,国民連合書記長,国民議会議長,副大統領などを歴任。 70年ナセルの死に伴い大統領に就任。 71年政権内の左派を排除。 73年の第4次中東戦争 (→十月戦争 ) でスエズ運河渡河作戦に成功,イスラエル軍に大きな損害を与えたことから声望を博し,ナセルが進めてきた社会主義路線から経済の自由化と親米路線に変更。 77年 11月,エルサレムを訪問。 78年9月のキャンプデービッド合意により,イスラエルのベギン首相とともにノーベル平和賞を受賞。 79年3月イスラエルとの平和条約を成立させたが,事実上パレスチナ問題を棚上げにしたままイスラエルと和解したことから,アラブ世界で非難を浴びる。 81年 10月,国内批判勢力をきびしく弾圧するなか,十月戦争記念パレード観閲中にイスラム急進グループにより銃殺された。著書,『ナイルの反乱』 Révolte sur le Nil (1957) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サダト(Anwar al-Sādāt)
[1918~1981]エジプトの政治家。自由将校団一員として1952年の軍事クーデターに参加。1970年、ナセルの死後、第2代大統領就任。1979年、イスラエルとの間に平和条約を成立させたが、イスラム原理主義者に暗殺された。1978年、ノーベル平和賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さだと【サダト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サダト【Anwar al-Sādāt】
1918~1981 エジプトの政治家。自由将校団員として軍事クーデターの際にナセルに協力。1970年ナセル没後大統領に就任。73年第四次中東(十月)戦争を指導。79年イスラエルとの間に平和条約を締結。イスラム急進派により暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サダト
さだと
Muammad Anwar al-Sdt
(1918―1981)
エジプトの政治家、第2代大統領。1952年7月の軍事クーデターを実行した自由将校団の中心メンバーの一人。1938年陸軍士官学校卒業。第二次世界大戦中は地下反英運動を行う。ナセルに率いられる自由将校団運動ではムスリム同胞団との連絡係として活躍。1969年にただ一つの副大統領の地位に就任するまでは、国民議会議長などになったものの、ナセル政権の中枢から離れていた。ナセルの死に伴い1970年10月大統領に選出される。アラブ社会主義者連合(ASU)を拠点とする左派のアリー・サブリーら反サダト勢力の一掃やソ連軍事顧問団の国外追放などによって自らの指導体制を固める一方、1973年10月の第四次中東戦争(十月戦争)で一躍英雄の座を確保した。その後、経済開放政策を柱とする「10月ペーパー」を提唱し、ナセル体制の修正、欧米およびアラブ産油国との接近を図った。1977年11月の電撃的なエルサレム訪問を経て、キャンプ・デービッド協定の調印に踏み切った。この和平努力によりサダトは1978年ノーベル平和賞を受賞するが、アラブ陣営でタブーとされたイスラエルとの単独の平和条約の締結は、中東の国際関係にさまざまな波紋を生み出した。1981年10月6日、十月戦争を記念する軍事パレードを観閲中に暗殺された。著書に『ナイルの反乱』(1957)や自伝がある。[伊能武次]
『朝日新聞外報部訳『サダト自伝』(1978・朝日イブニングニュース社) ▽読売新聞外報部訳『サダト・最後の回想録』(1982・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サダト
Muhammad Anwār al-Sādāt
1918〜81
エジプト−アラブ共和国の大統領(在任1970〜81)
陸軍大学卒。自由将校団の一員として1952年の革命に参加。1970年9月ナセルの急死で大統領代行となり,10月に国民投票で大統領に選出された。1971年リビア・シリアアラブ共和国連邦を結成し,73年第4次中東戦争の指導権をとり,ソ連ともわたりあうなど,アラブ諸国の中心的人物となった。1979年にイスラエルとの平和条約に調印したが,81年イスラーム原理主義者に暗殺された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サダト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サダトの関連情報

関連キーワード

牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation