@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サチコン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サチコン
saticon
小型撮像管一種。n型導電性の酸化スズ膜 ( SnO2 ) とp型導電性のセレン ( Se ) -ヒ素 ( As ) -テルル ( Te ) 系の非晶質半導体との異種接合から成る光導電膜を光電変換面に用いたもの。小型,高感度で,残像が少いとされている。日本 (NHKと日立製作所) で開発され,SeAsTeの頭文字から saticonと名づけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さちこん【サチコン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サチコン
さちこん
Saticon
テレビジョン用光導電型撮像管の商品名。セレン、ヒ素、テルルを主成分としたカルコゲナイド系アモルファス半導体を光電変換膜に使用したもので、日本放送協会(NHK)と日立製作所が1972年(昭和47)に共同開発した。
 この撮像管はガラス基板に設けた透明導電膜上に多成分系アモルファス半導体の多層膜を重ねた傾斜成分分布型のヘテロ受光ダイオードの表面を電子線で走査するビジコン型撮像管であり、高解像度・低残像の優れた特性をもっている。
 1986年にNHKの谷岡健吉(1948― )によってサチコン技術をベースに、アバランシェ増倍型の超高感度撮像デバイス「HARP(ハープ)」(名称はHigh-gain Avalanche Rushing amorphous Photoconductorの頭文字からつけられたもの)が発明され、オーロラや深海魚など低照度の被写体の撮像に偉力を発揮している。[丸山瑛一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サチコン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サチコンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation