@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サブユニット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サブユニット
subunit
蛋白質の完成した1分子が,数個のポリペプチド鎖の組合せから成るとき,各1本のポリペプチドを,単位分子のまとまった一部分ずつという意味で,サブユニットという。また1個だけのサブユニットをモノマー (単量体) ,数個が組合わさったものをオリゴマーと呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サブユニット(subunit)
部品。部分構成要素。
複数のたんぱく質によって構成されるたんぱく質複合体の構成単位となる単一のたんぱく質分子(ポリペプチド鎖)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

サブユニット
 タンパク質の中にはいくつかの分離できるタンパク質で構成されているものがあり,その一つ一つのこと.機能を果たすうえで必須のサブユニットもあれば,機能を補助するものもあり,機能のわからないものもある.通常ジスルフィド結合で結合されたものもサブユニットとよぶ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぶゆにっと【サブユニット】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

サブユニット
サブユニット
subunit

タンパク質分子が特定の個数集合し,複合体を形成して生理機能を発現する場合,複合体の構成単位である個々のタンパク質分子をサブユニットという.たとえば,ヘモグロビンAはα鎖2個,β鎖2個が複合体を形成して酵素分子運搬の役割を果たすが,このα鎖,β鎖は,それぞれヘモグロビンAのサブユニットである.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サブユニット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サブユニットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation