@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サベリウス派【サベリウスは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サベリウス派
サベリウスは
Sabellianism
3世紀初め頃の神学者サベリウス (その生涯についてはほとんど知られていない) が提唱したキリスト教神学説を奉じる一派。彼によれば,神は単一な実体 monadであり,創造のときは父,贖罪のときは子,聖化においては聖霊として自己啓示する。正統派の三位一体説と異なり,位格的に1つの神で,役割が父,子,聖霊の3つに分れるとした。この派は神の単一性を強調するために,三位の区別を明確にしなかったモナルキアニズム (単一神論あるいは独裁神論) の一つであり,三位を一なる神の発現様態としたところから様態説,キリストの受難は父が子として受難したと説くところから天父受難説 patripassionismともいわれる。サベリウスはローマで異端として破門されたが (220頃) ,3世紀を通じて,アラビアリビアなどに共鳴者が存在していたほか,その影響はさらに後代にも及んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さべりうすは【サベリウス派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サベリウス派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サベリウス派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation