@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サベリウス

世界大百科事典 第2版

サベリウス【Sabellius】
?‐260ころ
三位一体をめぐる古代キリスト教会の論争の中で,アリウスとならんで異端説(サベリウス主義Sabellianism)を主張した人。経歴は不詳だが,ローマの司教カリストゥス1世(在位217‐222)のときにアフリカから来て,教父ヒッポリュトスと争った。その主張は〈様態論modalism〉(モナルキアニズム)で,父・子・聖霊を神の顕現様態とするものであったが,位格相互の区別を軽視したために,それは子(キリスト)の受肉を父の受難とする〈天父受難説patripassianism〉となるのではないかと非難された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サベリウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サベリウスの関連情報

関連キーワード

初期キリスト教美術マヤ暦平成の府内の人口エクスビバイトドブニウムウァレリアヌスウァレリアヌス曹髦ディオニシウスマヤ暦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation