@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サムナー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サムナー
Sumner, Charles
[生]1811.1.6. ボストン
[没]1874.3.11. ワシントンD.C.
アメリカの政治家。南北戦争前後を通じて,奴隷制反対勢力の有力な指導者であった。 1850年代より奴隷制廃止を主張し,1861年には奴隷解放を積極的に提唱した。そのため,56年には刺客襲撃を受け負傷した。 51~74年連邦上院議員。 61~71年同外交委員長。戦後黒人に対する選挙権の付与を主張し,実現させた。 A.ジョンソン大統領の南部再建政策に激しい批判を加え,同大統領の弾劾を推進した。 71年には,U.グラント大統領のサントドミンゴ併合政策を阻止し,同大統領の再選に反対した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サムナー
Sumner, Edwin Vose
[生]1797.1.30. ボストン
[没]1863.3.21. ニューヨーク,シラキュース
アメリカの軍人。ニューメキシコ総督代理 (1852) 。カンザス州奴隷制度当否をめぐる闘争が起った時期に,同州リーベンワース砦の司令官をつとめた (56) 。 1862年少将。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サムナー
Sumner, James Batcheller
[生]1887.11.19. マサチューセッツ,カントン
[没]1955.8.12. ニューヨーク,バッファロー
アメリカの生化学者。ハーバード大学卒業後,一時ストックホルムに留学。帰国後コーネル大学生化学教授 (1929) ,同大学酵素化学研究所所長 (47) 。酵素の精製,分離の研究に従事し,1926年ウレアーゼ結晶化に成功したのをはじめ,37年にはカタラーゼおよび他に数種の酵素の結晶化に成功し,生化学に画期的業績を残した。 46年 J.H.ノースロップ,W.M.スタンレーとともにノーベル化学賞を受賞した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サムナー
Sumner, William Graham
[生]1840.10.30. ニュージャージーパターソン
[没]1910.4.12. ニュージャージー,イングルウッド
アメリカの社会学者。 1863年エール大学卒業。 66年夏までヨーロッパに留学し,帰国後,72~1909年エール大学の政治学,社会科学教授。彼は H.スペンサー,J.リッパート,L.グンプロビチ,G.ラッツェンホーファーの影響を受け,その結果,彼の社会学は人類学的傾向を帯び,集団に共有され,社会の秩序を維持する力となる「民習」という概念を提出し,著名な『民習論』 Folkways (1907) を公刊した。『民習論』は集団的慣習,モーレスの研究などに新しい視野を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サムナー(James Batcheller Sumner)
[1887~1955]米国の生化学者。酵素たんぱく質の結晶のでとり出すことに成功。1946年ノーベル化学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サムナー(Sumner)
ニュージーランド南島東岸の都市クライストチャーチの一地区。中心街の南東約10キロメートルに位置し、海岸保養地として知られ、レストランやカフェが集まる。ケーブロックという岩山海食洞がある。サムナービーチ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サムナー【Thomas Sumner】
1807‐76
アメリカの船長。まったくの偶然から,現在の航法においても位置決定の基本となる位置の線を発見したことで知られている。1837年,数日の悪天候のためセント・ジョージ海峡で正確な緯度を見失ったサムナーは,三つの地点緯度を推定し,観測した太陽高度からおのおのの経度を計算したところ,これら3点は海図上で1直線となった。彼は自分の船がこの直線上にあると確信して操船し,目的地に達することができた。この直線が位置の線であり,従来の航法を根本的に変える概念となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サムナー【William Graham Sumner】
1840‐1910
アメリカの社会学者。ニュージャージーに生まれる。1863年イェール大学を卒業し,ヨーロッパに留学して神学を修め,一時聖公会の牧師となる。72年母校の政治学,社会科学教授となり,73年アメリカの大学で最初の社会学の講座を担当する。サムナーは,スペンサー,ダーウィン,J.リッペルトらの進化論に大きな影響を受け,社会生活における文化的側面に関心をもった。1907年に刊行された《習俗論Folkways》では,社会関係,因襲,社会制度がその社会的性格のために個人や社会生活を支配・統制する原動力をもつとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サムナー【James Batcheller Sumner】
1887~1955 アメリカの生化学者。ナタマメのウレアーゼ(尿素分解酵素)の結晶化に成功、酵素がタンパク質であることを明らかにして、酵素化学への道を開いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サムナー
[一] (William Graham Sumner ウィリアム=グレアム━) アメリカの社会学者。イェール大学教授。アメリカ自由主義社会学を代表。慣習の起原、本質、価値を実証的に研究した。主著「習俗論」。(一八四〇‐一九一〇
[二] (James Batcheller Sumner ジェームズ=バチェラー━) アメリカの生化学者。コーネル大学教授。ナタマメのアセトン抽出液中から尿素分解酵素ウレアーゼの結晶化に成功、近代酵素化学の基礎を築いた。一九四六年ノーベル化学賞受賞。(一八八七‐一九五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

サムナー
サムナー
Sumner, James Batcheller

アメリカの生化学者.ハーバード大学で化学を学び(1906~1910年),一時叔父の経営する綿織物工場に勤めた.Mt.Allison Collegeの化学教師となり,ウースター工業学校の助手を経て,ハーバード大学に戻り,医学部のOtto FolinのもとでPh.D.を取得.1914~1924年コーネル大学生化学助教授,1929年同大学教授,酵素研究所所長となる.1926年ナタマメのウレアーゼの結晶化に成功した.これは酵素の最初の結晶化であり,酵素がタンパク質の一種であることを証明したもので,酵素の化学的研究の本格化への道をひらいた.1937年ストックホルムに赴き,T. Svedberg(スベドベリ)のもとで5か月間,結晶酵素を研究した.酵素の結晶化が評価されて1946年ノーベル化学賞を受賞.1948年アメリカ科学アカデミー会員に選出

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サムナー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サムナーの関連情報

関連キーワード

クライストベートーベンエルギンベッテルハイムライト坂東彦三郎(3代)合衆国銀行カルル・フリードリヒ競技場古史伝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation