@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラエボ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サラエボ
Sarajevo
ボスニア・ヘルツェゴビナ首都。同国中東部,アドリア海とハンガリー平原を結ぶ交通の要地。 15世紀後半からのオスマン帝国の支配下で繁栄し,1878年オーストリア=ハンガリー帝国にボスニアヘルツェゴビナが占領されると,その行政府が置かれた。一方,セルビア人の独立運動の一中心地でもあり,1914年にはサラエボ事件が起こって第1次世界大戦の発火点となった。製鋼,製製材,食品加工などの工業があり,織物,木工品などの手工業も盛ん。市の北郊では鉄鉱石石炭採掘も行なわれる。カトリック司教座およびセルビア正教会主教座の所在地。またイスラムの中心地でもあり,市内にはイスラム風の街並み,市場や多数のモスク聖堂などがある。大学をはじめ,文教施設も多い。 1984年オリンピック冬季競技大会が開催された。 1992年旧ユーゴスラビアからの分離独立に伴ってボスニア・ヘルツェゴビナ紛争勃発,市街戦で町は大きく破壊されたが,1995年 11月のデートン和平合意,12月のボスニア和平協定の成立でようやく終結した。人口 39万3000(2008)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サラエボ(Sarajevo)
ボスニア‐ヘルツェゴビナ共和国の首都。旧ボスニアの首都。1984年冬季オリンピックの開催地。サライエボ。人口、行政区53万(1991)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サラエボ【Sarajevo】
ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国の首都。ミリャツカ川両岸,標高550mの盆地にあるオリエント色豊かな美しい町。人口25万(1995)。住民はボスニア人と呼ばれることもあるが,ボスニア民族というものは存在せず,古くから東方正教徒のセルビア人,カトリックのクロアチア人,イスラム教徒のムスリム人などが混在している。 古くから森と水の豊かな土地で,近郊から先史時代の住居跡が発見されており,西方のサラエボ平原は2~3世紀には第3アウグストゥス・ローマ軍団の駐屯地であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

サラエボ
(Sarajevo) ボスニア‐ヘルツェゴビナの首都。ローマの駐屯地として建設、一五世紀、トルコの植民州ボスニアの州都となった。一八七八年以後オーストリア‐ハンガリー帝国の支配をうけ、一九一四年六月にサラエボ事件がおきた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サラエボ
さらえぼ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラエボ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラエボの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation