@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラザール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サラザール
Salazar, António de Oliveira
[生]1889.4.28. ベイラアルダ,ビミエイル
[没]1970.7.27. リスボン
ポルトガルの政治家。小農民出身。コインブラ法科大学に学び,1918年同大学経済学教授。 21年カトリック中央党から代議士に当選したが1期で辞任,大学教授に復帰。 26年軍のクーデターのあと蔵相となったが5日間で辞任,28年再度蔵相に招かれ破綻に瀕したポルトガル財政改革に成功。 30年国民同盟総裁。 32~68年首相をつとめ,その間蔵相 (1928~40) ,陸相 (36~44) ,外相 (36~47) を兼任した。 33年新憲法を制定し,独裁政治体制を確立。スペイン内乱でフランコ側を援助したが,第2次世界大戦中は中立を維持し,戦後はアメリカに接近,49年北大西洋条約機構 NATOに加盟した。サラザール独裁の批判は内外で次第に高まり,68年9月病気のため引退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラザール
ンダラタンド」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サラザール(Antonio de Oliveira Salazar)
[1889~1970]ポルトガル政治家カルモナ軍事独裁政権の蔵相ののち、1932年、首相就任。1933年、新憲法を制定し、1968年までカトリック的な国家統一党による一党独裁制を敷いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サラザール【António de Oliveira Salazar】
1889‐1970
ポルトガルの政治家。ビゼウ県サンタ・コンバ・ダン貧農の家に生まれる。11歳で神学校に入ったが,1910年コインブラ大学法学部に入学し,17年経済学助教授。ローマ教皇レオ13世社会カトリシズムC.モーラスの政治思想の強い影響を受け,第1次大戦後は第一共和制に反対する右翼保守陣営の論客として伝統的な中産階級支持を得ていた。26年5月のクーデタで民主的議会制を倒した事独裁政権から蔵相に招へいされ(1928),財政支出の全権を委譲されて積年の財政危機を克服し,一躍ポルトガルの〈救世主〉となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サラザール
さらざーる
Antonio de Oliveira Salazar
(1889―1970)

ポルトガルの政治家。貧農の子に生まれたが、経済学を学びコインブラ大学教授となった。1928年にカルモナ将軍の独裁下に財政の全権をゆだねられて蔵相に就任し、ポルトガルでは数十年ぶりに予算を均衡させ、財政を再建した。1932年には首相に就任し、以来事実上の独裁者として1968年まで36年間支配し続けた。この間、1933年には、権威主義的原理とカトリック的社会正義の観念を結合した新憲法を制定し、カトリック的な国家統一党以外の全政党を禁止して一党独裁を確立した。第二次世界大戦中は中立の立場をとり、戦後はポルトガルを北大西洋条約機構(NATO(ナトー))に加盟させるなどアメリカ、イギリスに接近して独裁を維持し植民地支配を続けた。1968年に病に倒れ、カエタノを後任首相に推した。個人的には質素な生活を送った。

[平瀬徹也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サラザール
(Antonio de Oliveira Salazar アントニオ=デ=オリベイラ━) ポルトガルの政治家。一九三二年首相に就任し、翌年、イタリア‐ファシズムにならった新憲法を起草。国民統一党による一党独裁体制を確立した。(一八八九‐一九七〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サラザール
António de Oliveira Salazar
1889〜1970
ポルトガルの政治家
小農の出身で,経済学教授から1926年軍部政権の蔵相になり,経済再建に成功。軍の支持で1932年に首相となる。ファシズム的なカトリック国家社会主義政党(国家統一党)を組織し,一党独裁の警察国家をつくった。第二次世界大戦後はアメリカに接近し,1968年病気で引退した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラザール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラザールの関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室広島(市)森有礼宇治我楽多文庫

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation