@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラセン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サラセン
Saracen
西アジアのイスラム教徒をさすヨーロッパ人の呼称。古くはギリシア・ローマ人がシリア砂漠遊牧民Saraceniと呼んでおり,7世紀のイスラム勃興からはビザンチン人がイスラム教徒一般をさす言葉としてこれを採用し,十字軍を通して西ヨーロッパにもこの呼称が広がった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サラセン(Saracen)
古代ローマ人がシリア付近のアラブ人に対して用いた呼称。中世ヨーロッパではイスラム教徒をさす言葉として用いられ、イスラム帝国・イスラム文化を、サラセン帝国サラセン文化などと呼んだ。唐名、大食(タージー)。→タージー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サラセン【Saracen】
ヨーロッパの,とくに中世において用いられたイスラム教徒(ムスリム)に対する呼称。古くは,ギリシア人やローマ人が,シリアやアラビア半島アラブをさして呼んだギリシア語のサラケノイSarakēnoi,ラテン語のサラケニSaraceniなどの語に由来するが,その語源はアラビア語のシャルクsharq(〈東〉の意),サフラーṣaḥrā’(〈砂漠〉の意)など諸説があり,定説はない。2世紀のプトレマイオスはその地理書で,サラセンの語を用いてアラブに言及している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サラセン【Saracen】
ヨーロッパで、古代にはシリア付近にいたアラブ人の、中世にはイスラム教徒の総称。特に、七世紀にアラビア半島に興ったイスラム帝国の通称。 この語には、イスラムに対する誤った理解がつきまとうとして、近年ではほとんど用いられない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サラセン
〘名〙 (Saracen, Saracens) 古代ギリシア・ローマ世界でのアラビア北部のアラブ人の呼称。また、中世、ヨーロッパ人がイスラム教徒を呼んだ語で、イスラム帝国(サラセン帝国)の通称ともされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラセン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラセンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation