@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラバンド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サラバンド
sarabande
12世紀にスペインで発生し,17~18世紀にヨーロッパ宮廷で流行した舞踊。ムーア人の豊作を祝う民俗舞踊起源するとも,メキシコに起源するともいわれ,名称はアラビア語の「騒音」あるいはスペイン語の「舞踏会」に由来するといわれる。スペインではカスタネットに合せて女性のみによって踊られた。踊りの挑発的な性格からフェリペ2世に禁じられたこともあるが,陽気な踊りの様子はセルバンテスも描写している。 17世紀にフランス宮廷バレエに取入れられ,ゆるやかで上品な行列舞踊になった。音楽はゆっくりした2分の3拍子あるいは4分の3拍子で,アルマンド,クラント,ジグとともに古典組曲の一楽章として用いられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サラバンド(saraband/〈フランス〉sarabande)
17~18世紀にヨーロッパで流行した緩やかな三拍子舞曲。組の中の一曲としても用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サラバンド
バラの園芸品種名。木立ち性で中輪、半八重の朱赤色の花をつける。作出国はフランス。枝変わりにつる性の「つるサラバンド」などがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サラバンド【saraband】
17~18世紀にヨーロッパで流行した古典舞曲。起源について定説はないが,16世紀のラテン・アメリカやスペインで歌を伴う舞曲として存在し,17世紀前半にヨーロッパ各地の宮廷に普及した。性格も地域や時代によりさまざまであるが,主として緩やかな3/4拍子または3/2拍子の荘重な趣をもち,弱起を用いないのが通例で,第2拍に長い音符をおき,アクセントがつけられる。フローベルガーがバロック舞踊組曲に導入して以来,一般にクーラントジーグの間におかれて組曲中の花形舞曲となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サラバンド【sarabande】
一七、八世紀にスペインをはじめヨーロッパ各地の宮廷で流行した、ゆるやかな速度の三拍子の舞踊。および、その音楽を様式化した器楽曲。古典組曲中の基本的な曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サラバンド
さらばんど
sarabandeフランス語
Sarabandeドイツ語
zarabandaスペイン語
17、18世紀にヨーロッパで流行した荘重な3拍子の舞曲。本来はスペインのアンダルシア地方、もしくはラテンアメリカに由来する急速な踊りであった。16世紀のスペイン宮廷で流行したが、奔放で官能的すぎるという理由で禁止された。ところが17世紀初めにフランス宮廷に広まったころから、テンポがしだいに遅くなり、優雅な踊りへと変わっていく。17世紀後半と18世紀の舞踊組曲では、クーラントの後、ジーグの前に置かれるようになった。またこのころ鍵盤(けんばん)曲では、リュート様式を取り入れた旋律的な「軽いサラバンド」と、和音が中心となり2拍目にアクセントをもつ「荘重なサラバンド」の2種類が展開したが、18世紀中ごろには後者のほうが主流となっていく(ラモー、バッハ、ヘンデル)。サラバンドは19世紀に一度姿を消すが、20世紀初めに昔の優雅な雰囲気を漂わせた舞曲として復活する(ドビュッシー、サティ、ストラビンスキー)。[関根敏子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サラバンド
〘名〙 (sarabande saraband) 古典舞曲の一つ。緩やかな四分の三または二分の三拍子の曲で、一六世紀初頭スペインに流行したものがフランス、イギリスの宮廷に伝わり、バッハやヘンデルの組曲にも使われた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラバンド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラバンドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation