@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラブレッド【さらぶれっど】

知恵蔵

サラブレッド
17世紀の初頭、英国人が本国在来の牝馬に、アジアや中東から連れてきた東洋種の牡馬を配合したのが起源といわれる。その後、1793年に血統登録書『ジェネラル・スタッド・ブック』が出版され、血統管理が始まったことで、サラブレッドは独立した品種となる。基本的に、父系はダーレーアラビアン、バイアリーターク、ゴドルフィンアラビアンのサラブレッド3大根幹馬と呼ばれる馬まで、母系は血統登録書の第1巻に収録されている馬までたどることができる。サラブレッド同士の交配から生まれた馬以外はサラブレッドとは認められない。
(須田鷹雄 競馬ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

サラブレッド(thoroughbred)
《純血種の意》
家畜の馬の一品種。英国原産種にアラビア馬その他を交配し、数世紀にわたって改良・育成したもの。主として競走用。サラ。
育ちがよく、優秀な人。「財界のサラブレッド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サラブレッド
さらぶれっど
Thoroughbred

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目ウマ科の動物。同科の1種ウマの1品種で、イギリスで人工的に作出された。原義は純血種の意。代表的な競走馬として知られ、次のような特徴をもつ。頭は小さく目は大きく、頸(くび)は緩やかな弧を描いて長く、胸は深い。鬐甲(きこう)は鮮明で、肩は傾斜し、長い肢(あし)には大きくじょうぶな関節がある。背は短く、腰は広く、尻(しり)はやや傾斜し大きい。全体の形としては、やや長方形。皮膚は薄く、強くて長い筋肉や血管の分布がはっきりみられる。歩幅が大きく、その歩様は雄大である。体高は1.6~1.65メートル、体重は450~500キログラムほどに達する。性質は鋭敏で、速力はアラブに比べてはるかに速い(2400メートルで2分22秒の記録がある)が持久力に乏しく、また粗放な管理には耐えない。

 現在では大部分が競走用、一部が馬術用であるこのウマも、元来は狩猟用馬の改良を目的として、土産馬の雌に東洋馬の雄を交配したものである。すなわち、その母系は、17世紀にイギリスにいた速力と持久力に優れた在来馬のなかから選ばれた少数の牝馬(ひんば)を基礎とする。一方、父系をたどると3頭の種牡馬(しゅぼば)に到達する。それらはダーレーアラビアンDarley Arabian、バイアリータークByerley Turk、およびゴドルフィンバルブGodolphin Barbである。改良の過程で、速力と持久力に優れたウマを選抜するために、競馬が用いられた。1850年以降競走距離が2マイル(約3.2キロメートル)以下となってからは、改良の目的は速力の向上のみに移行した。1791年に『ゼネラル・スタッド・ブック』general stud book、いわゆるサラブレッド血統書が創刊されてからは、サラブレッドどうしの交配が行われているが、このほかサラブレッドは世界各国のウマの改良に多大の貢献をした。日本で本格的にサラブレッドの生産が開始されたのは、1907年(明治40)に小岩井農場がイギリスから雄1頭、雌20頭を輸入して以後である。

 現在、サラブレッドは世界各国で繁殖されているが、イギリス、フランス、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、日本などに多い。わが国では生産頭数の約96%を日高を中心とする北海道が占める。競走馬としてのサラブレッドは、得意とする競走距離により短距離馬(スプリンターsprinter)、中距離馬(マイラーmiler)、長距離馬(ステイヤーstayer)などに分類され、体型にもそれぞれ多少の相違がみられる。

[加納康彦]

『日本中央競馬会競走馬総合研究所編『サラブレッド!サラブレッド!?』(1997・緑書房)』『日本中央競馬会競走馬総合研究所編『サラブレッドの科学』(講談社・ブルーバックス)』『山野浩一著『サラブレッドの誕生』(朝日選書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サラブレッド
〘名〙 (thoroughbred)
① 馬の品種。イギリス原産。イギリス在来種とアラブ種の交雑によってつくられた競走馬。体質・体形ともにすぐれ、気品に富む。世界各地で純粋繁殖が行なわれ、日本でも明治以来輸入。サラ。
※断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一〇「競馬用にはサラブレドが最もよく」
② 比喩的に、血筋、家柄のよい人をいう。「政界のサラブレッド」
※魔都(1937‐38)〈久生十蘭〉一五「美男と美女だけが場違ひの血を交ぜずに幾代も配合された純血族(サラブレット)の末に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラブレッド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラブレッドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation