@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サラミス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サラミス
Salamis
キプロス島の古代主要都市。アテネ沖のサラミス島出身の英雄テウクロスがトロイ戦争帰路建設したと伝えられる。島の東岸に位置し,ファマグスタ湾に面した良港があり,フェニキアエジプトキリキアなどとの通商が盛んであった。サラミス王エバゴラスは,前 411年フェニキア人の侵略を押え,ほぼ全島を支配した。その後,エジプトのプトレマイオス朝の支配を経て,前 58年ローマ領となった。この地を使徒パウロやバルナバスが訪れている。 115~117年ローマに対するユダヤ人の反乱および地震で破壊されたが,4世紀頃にローマ皇帝コンスタンチヌス2世が再建,コンスタンチーナと命名した。 647年アラブの侵入後,衰退。ローマ時代の広場や水道の遺跡が現存する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サラミス(Salamis/Σαλαμίς)
ギリシャ中部、サロニコス湾に浮かぶサラミス島港町。現代名サラミナ。サラミス湾の最奥部に位置する。同島で最も人口が多い。
キプロス島東岸にあった古代都市。ファマグスタの北東郊外に位置する。名称は、トロイア戦争サラミス島軍勢を率いて戦ったテウクロスが建設したという伝説に由来する。使徒パウロ伝道に訪れたことでも知られる。7世紀にアラブ人の攻撃を受けて滅亡。古代ローマ時代に築かれた劇場、アゴラ公衆浴場、体育館などの遺跡がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サラミス
テレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する宇宙戦艦。地球連邦軍の主力艦艇であるサラミス級宇宙巡洋艦。全長228メートル。単装メガ粒子砲や対宙ミサイルを装備する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サラミス【Salamis】
ギリシャ南部、アテネの外港ピレウスの西方にある小島。この近海で、紀元前480年テミストクレスの指揮するアテネ海軍がペルシャ海軍を撃破した。 -の海戦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サラミス
(Salamis)
[一] キプロス島(キプロス共和国)の東岸にあった古代都市。ギリシア・ローマ時代、フェニキアやエジプトとの交易で栄えた。六四八年アラブ人により破壊された。
[二] ギリシア南部、サロニカ湾にある小島。アテネの西方約二〇キロメートル。海軍基地がある。クルーリ島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラミス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サラミスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation