@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サリン
sarin
構造中にフッ素をもつ有機リン化合物一種で,農薬研究開発の過程から 1938年,ナチス猛毒神経ガスとして開発した。サリンはリン酸のメチル化合物とフッ素化合物から製造する。常温では無色液体だが,無臭で揮発しやすい。大気 1m3中 100mgの濃度のガスを1分間吸入するだけで,半数が死亡するほどの強い神経毒性をもつ。毒性シアン化水素 (青酸) の 25倍以上。呼吸だけでなく,皮膚からも吸収される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サリン(Sarin)
毒ガスの一種。無色・無臭の液体で、成分はイソプロポキシメチルホスホリルフルオリド。即効的に神経機能を破壊する。第二次大戦前に同様の毒ガスのタブンソマンなどとともに開発された。化学式C4H10O2FP
[補説]日本では、オウム真理教の起こした平成6年(1994)の松本サリン事件、平成7年(1995)の東京地下鉄サリン事件によって多数の死傷者を出した。これらを受けて、平成7年(1995)4月にサリンの製造・所持等を禁止する「サリン等による人身被害の防止に関する法律(通称サリン防止法)」が施行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さりん【サリン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

サリン
〘名〙 (Sarin) 毒ガスの一つ。無色・無臭の液体で、成分はイソプロポキシメチルホスホリルフルオリド。きわめて毒性が強く、即効的に神経機能を破壊する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

サリン
サリン
sarin

isopropyl methylphosphonofluoridate.C4H10FO2P(140.09).1938年,ドイツで開発された有機リン系神経剤で,軍事利用された.タブン,ソマン,VXなどと同様の構造を有し,VXやソマンより毒性は低いが,揮発性がとくに高いため,強力な毒ガスとなる.融点-57 ℃,沸点147 ℃,46 ℃(1.06 kPa).1.381.トリメチルホスファイトより合成され,アルカリにより容易に分解される.コリンエステラーゼ阻害活性を有し,吸入・皮膚・経口暴露により縮瞳・視覚障害・嘔気などを起こし,最終的に呼吸障害をもたらす.治療にはほかの有機リン剤中毒と同様に,硫酸アトロピン,PAM(2-ピリジンアルドキシムメチオジド)などを用いる.LD50 100~500 mg/kg(経皮),5~10 mg/kg(経口),50~100 mg/m3(1 min,吸入).[CAS 107-44-8][別用語参照]神経ガス

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation