@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サリ【さり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サリ
さり
Salierドイツ語
フランク人の一支族で、リブアリ人とともにフランク王国の主流をなした。306年以前にライン川を渡り、河口のデルタ地帯に定住した。トゥールネー(現ベルギー)を中心に支配していたメロビング家出身のクロービスは、486/487年シャグリウスを滅ぼして北ガリアに進出、サリ人を統一するとともに、ライン中流域のリブアリ人をもあわせて、フランク王国を建てた。サリの名称はサルSal=海に由来し、海岸地方に居住していた者を意味するという説もあるが、サラSala=支配に由来し、支配する者を意味するという説のほうが有力。[平城照介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation