@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルグル朝【サルグルちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サルグル朝
サルグルちょう
Salghurids; Salghuriyān
イラン,ファールス地方を支配したアター・ベグ朝 (1148~1287) 。トルクメンのサルグル族出身のソンコルが,1148年セルジューク朝のもとにファールスの支配権を得て創始。サード (在位 1194~1231) のとき最盛期を迎えたが,やがてホラズム・シャー朝に服属し,領土の一部を割譲,その後モンゴルに臣従し,ついにフラグ (旭烈兀)の息子と結婚させられた王女アビシュ (在位 63~87) を最後として絶えた。同朝は詩人サーディーの保護者として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルグル朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルグル朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation