@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルゴン

デジタル大辞泉

サルゴン(Sargon)
アッカド朝の創始者。在位前2350ころ~前2295ころ。シュメールとアッカド全土を支配し、メソポタミア最初の帝国を建設。生没年未詳。
(2世)[?~前705]アッシリア帝国最盛期の王。在位前721~前705。サルゴン朝の創始者。新都コルサバード造営シリアパレスチナなどを征服し、バビロニアを併合した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サルゴン【Sargon】
古代メソポタミア最初のセム系アッカド人の統一王国とその王朝の創始者。アッカド語ではシャッル・キンŠarru‐kin。〈アッカドのサルゴン〉と通称される。諸伝承の伝えるアッカド王としての55年の治世は,いちおう前2350年ころから前2295年ころとされる。このアッカド語の王名は〈王は真正なり〉〈王は正統なり〉を意味するが,父の名も幼少時の名も不明である。アッカド語の一伝承では母は尼僧で,誕生後,葦籠に入れてユーフラテス川てられ,水汲み人に拾われて果樹栽培者になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サルゴン【Sargon】
(一世)アッカド王朝の開祖(在位 前2350頃~前2295頃)。メソポタミア最初の統一国家を建設。幾多の外征を行い「戦いの王」として後世多くの伝説を生んだ。生没年未詳。
(二世)アッシリア帝国の王(在位 前721~前705)。シリア・イスラエル・アルメニア・アラビアなどを征服し、帝国の最盛期を現出。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サルゴン
(Sargon)
[一] (一世) 古代オリエントのアッカドの王。通称アッカドのサルゴン。前二三五〇年頃、メソポタミアに最初の統一王朝(アッカド朝)を樹立した。後世「戦いの王」として多くの伝説を生む。
[二] (二世) 新アッシリアの王、将軍。サルゴン王朝の創始者(在位前七二一‐前七〇五)。シリア、パレスチナ、アルメニア、アラビアを征服、バビロニアを併合して世界帝国を建設した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルゴン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルゴンの関連情報

関連キーワード

アッカドシュメールラガシュスタジオジブリ宮崎駿NAFTA再交渉卵を巡る状況アッカドイエメン共和国ハンニック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation