@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルジニア島【サルジニアとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サルジニア島
サルジニアとう
Sardinia
イタリア語ではサルデーニャ Sardegna,サルジニアは英語。地中海西部にあり,シチリア島に次ぐ2番目に大きな島。付近の小島とともにイタリアの一州をなす。州都カリアリ本土から約 220km,北端ボニファーチョ海峡をへだててコルシカ島 (フランス) と対する。全島が山がちで,最高点は東部ジェナルジェンツ山地のマルモラ山 (1834m) 。地中海性気候で,年降水量 775mm。フェニキアカルタゴ,ローマ,バンダル,アラブ,ビザンチン帝国などに次々と支配され,1720年サルジニア王国の一部となり,1861年統一イタリア王国に加わった。イタリアの代表的な開発途上地域で,産業の中心は亜鉛,鉛,マンガン,鉄,アンチモンなどの鉱業ヒツジヤギが放牧され,ブドウ,オリーブ,アーモンド,コルクを特産。マグロ漁を中心に漁業も行われる。伝統的な社会,生活様式や技術が保持されており,住民は現在でもサルジニア語を話し,祭典には伝統衣装をまとう。しかし,都市部の生活と伝統的な生活との差がきわだってきている。面積2万 4089km2。人口 164万 5192 (1991推計。いずれも小島を含む) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルジニア島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルジニア島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation