@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルト(イタリアルネサンス期の画家)【さると】

日本大百科全書(ニッポニカ)

サルト(イタリアルネサンス期の画家)
さると
Andrea del Sarto
(1486―1530)

イタリア盛期ルネサンスの画家。本名アンドレア・ダーニョロAndrea d'Agnolo。通称は父が仕立屋(サルト)であったことに由来。フィレンツェに生まれ、7歳で同地の金工家に学び、のちピエロ・ディ・コジモの弟子となる。1508年医師薬剤師組合に画家として登録され、フランチアビジオとともに工房を営む。10年の聖アヌンツィアータ聖堂の壁画『聖ベニッツィ伝』以後フィレンツェ諸聖堂の壁画制作に携わる。10~26年スカルツォ修道院のグリザイユ装飾『洗礼者聖ヨハネ伝』。14年聖アヌンツィアータ聖堂の壁画連作『マリア伝』に従事、傑作『マリアの誕生』を描く。板絵の最高傑作としては17年の『アルピエの聖母』(ウフィツィ美術館)があげられる。18~19年フランソア1世の招請を受けフォンテンブローに赴く。晩年においてもフィレンツェ派の優れた色彩家として『最後の晩餐(ばんさん)』(聖サルビ修道院)、『サッコの聖母』(聖アヌンツィアータ聖堂)を描き、また肖像画家としても秀で多くの優品を残す。その画風はフィレンツェ盛期ルネサンスの静謐(せいひつ)典雅な古典様式を継承しながら、人物の表情、身ぶりに心理描写、律動感という新たな要素を加え、次代のマニエリズモへの移行を暗示している。その工房からはポントルモ、ロッソという初期マニエリズモの代表的画家が輩出した。

[三好 徹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルト(イタリアルネサンス期の画家)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルト(イタリアルネサンス期の画家)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation