@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルバダール政権【サルバダールせいけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サルバダール政権
サルバダールせいけん
Sarbadārids; Sarbadārān
イランのホラーサーン地方に樹立された共和制的な地方政権 (1337?~81) 。サブザワール出身のアブドゥル・ラッザークがイル・ハン国のホラーサーン知事の圧制に対抗して地方貴族たちを率いたのが始り。やがてシーア派的スーフィーのシャイヒー教団と結んでサブザワールを中心として 1350年代にはホラーサーンからクーミス,アスタラーバード方面にも進出したが,絶え間ない地方貴族とシャイヒー教団との対立のために政治的安定を保てず,アリー・ムアイヤド (在位 62/3~81) 治下の一時的安定を最後に,81年チムール (帖木児)に倒された。その名称は「勝利か絞首刑か」という決意を示したペルシア語"Sar-ba-dār" (絞首台への首) に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サルバダール政権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルバダール政権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation