@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サルモネラ症【サルモネラしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サルモネラ症
サルモネラしょう
salmonellosis
三大細菌性食中毒の一つ。サルモネラ属の細菌による感染症でチフス性と非チフス性に大別される。非チフス性サルモネラ症は腸チフスパラチフス類を除いたもので,普通サルモネラ症という場合は非チフス性をさす。食中毒は生菌の小腸感染によるもので,潜伏期は約1日。悪心,嘔吐腹痛下痢発熱などとともに発病し,大部分は1~2日で回復するが,黄疸の現れる場合は重症のものが多い。人から人へ感染するのではなく,サルモネラに汚染された食品の摂取によって起る。サルモネラ菌は 2000近くの血清型に細分されるが,ネズミチフス菌によるものが最も多く,症状も激しい。治療は対症療法のほか,各種抗生物質も効果を示す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

サルモネラ症
 サルモネラの感染により起こる食中毒.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サルモネラしょう【サルモネラ症 salmonellosis】
サルモネラ菌によって起こる感染症の総称であるが,同じサルモネラ菌に属するチフス菌パラチフス菌(A,Bなど)によるものは,それぞれ腸チフス,パラチフス(いずれも法定伝染病)という独立した疾患として別に取り扱われている。 チフス菌,パラチフス菌以外のサルモネラ菌は家畜家禽に広く分布し,肉,卵,乳およびその加工品などがこの菌でかなり汚染されている。最近,輸入食品の増加とともに,この疾患がますます増える傾向にある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サルモネラ症」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サルモネラ症の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation