@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サロメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サロメ
Salomé
イギリスの作家 O.ワイルド戯曲。 1893年刊。フランス語で書かれ,作者の友人 A.ダグラスによって英訳 (1894) された。聖書の物語に材をとる。ユダヤの王妃エロディアスには,最初の結婚によってもうけた娘サロメがいる。サロメは王に捕えられている預言者ヨカナーンを恋しているが,ヨカナーンは彼女を拒む。サロメは王の求めに応じて踊り,褒美にヨカナーンの首を所望する。何でも望むものを与えると約束していた王は,やむなくサロメの願いを聞き届ける。サロメは首を持って踊り狂い,王の命令を受けた兵士たちに殺害される。耽美的な倒錯趣味と華麗な修辞によって有名。 96年パリで初演。イギリスでは,内容が冒涜的という理由で,1931年にいたるまで公演が禁止されていた。英語版のために A.ビアズリーが描いた挿絵は著名。のちに R.シュトラウスによってオペラ化 (1905) された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロメ
Salome
1世紀頃在世のユダヤ王,ヘロデ大王の孫娘,ガリラヤの分封王ヘロデ・アンティパスの後妻ヘロデアの娘。彼女は叔父と結婚したが,のち小アルメニアの王アリストブロスと再婚した。このサロメは,伝統的にヘロデアと最初の夫ピリポ (ヘロデ・アンティパスの異母兄弟) の娘とみられ,ヘロデ王に踊りの褒美としてバプテスマヨハネの首を求めたとされている (マタイ福音書 14・1~12,マルコ福音書6・14~29) 。このサロメの物語は早くからキリスト教芸術の素材となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロメ
Salome
ユダヤの歴史に登場するゼベダイの妻,使徒ヤコブやヨハネの母。またおそらくはイエスの母マリアの姉妹 (ヨハネ福音書 19・25) 。1世紀頃在世。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サロメ(Salome)
新約聖書に見える女性。母に教唆され、踊りの褒賞として継父であるユダヤ王ヘロデ=アンティパスにバプテスマのヨハネの首を求め、これを殺させた。
オスカー=ワイルドの戯曲。一幕の伝説に取材。1893年、フランス語で刊行。1896年、パリで初演。
リヒャルト=シュトラウス作曲の楽劇。全一幕。ワイルド作の戯曲に基づく。1905年、ドレスデンで初演。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サロメ
1923年製作のアメリカ映画原題《Salome》。監督:チャールズ・ブライアント。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロメ
ドイツの作曲家リヒャルト・シュトラウスのドイツ語による全1幕のオペラ(1905)。原題《Salome》。オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ』を題材とした作品。ヨハネの首を所望するサロメがユダヤ王ヘロデの前で踊る場面で演奏される「7つのヴェールの踊り」が有名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サロメ【Salome】
ガリラヤの太守ヘロデ・アンティパスHerod Antipasの後妻ヘロデヤHerodiasの娘。ただし,その物語を記したマタイ・マルコ両福音書には,サロメの名は記されていない。《マルコによる福音書》によれば,王妃ヘロデヤはヘロデの異母兄ピリポの妻であったが,サロメを連れてヘロデと再婚した。しかしその不義の婚姻をバプテスマのヨハネに非難されたため,娘をそそのかして父王の誕生日の祝宴での踊りの報酬としてその首をはねさせた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サロメ【Salome】
R.G.シュトラウスの第3作目の1幕のオペラ。O.ワイルドの同名の戯曲(ドイツ語訳,H.ラハマン)に基づく作品で,1905年,ドレスデンのオペラ座で初演され,その初演は,官能的で頽廃的な筋書と絢爛豪華なシュトラウスの音楽によってセンセーションをまきおこした(日本初演1962)。物語は聖書の記述を背景にくりひろげられ,ヘロデ王の義理の娘サロメが,預言者ヨカナーン(ヨハネ)に恋し,《七つのベールの踊り》を踊って,幽閉されているヨカナーンの首を手に入れるというもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サロメ【Salome】
ユダヤ王ヘロデ=アンテパスの姪で、その後妻ヘロデヤの娘。新約聖書によれば、王の前で踊り、そのほうびとして、バプテスマのヨハネの首を求めたという。1893年オスカー=ワイルドにより戯曲化、リヒャルト=シュトラウスにより楽劇化された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サロメ
(Salōme)
[一] ユダヤの王妃ヘロディアス(ヘロデヤ)の娘。ヘロデ王の前で踊り、その報償として預言者バプテスマのヨハネの首を求めた。
[二] (原題Salomé) 戯曲。一幕。オスカー=ワイルド作。一八九三年フランス語で発表。サロメが、預言者ヨカナーン(ヨハネ)の首を得ることによって恋を成就させたという伝説に基づいて創作。一八九六年名女優サラ=ベルナールの主演によりパリで初演。
[三] 楽劇。一幕。リヒャルト=シュトラウスが(二)のドイツ語訳を台本として作曲。一九〇五年ドレスデン初演。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サロメの関連情報

他サービスで検索

「サロメ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation