@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サロン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サロン
Salon
フランス語で「客間」の意。
(1) 特にフランスで 17~18世紀に流行した,教養ある上流婦人の客間で催された社交的集会。フランスでは中世以来,サロンが政治や文学で重要な役割を果たしているが,イタリアの影響下にサロン文学が開花するのは 17世紀初め,ランブイエ侯爵夫人のサロンにおいてである。その後これをまねた数多くのサロンが起こり,アカデミー・フランセーズへと発展するものも現れた。サロンでは詩歌や恋愛や道徳が話題となり,文学作品もまずサロンで披露された。17世紀のサロンは当時の文学に優雅さや社交性を与えたが,行き過ぎて虚飾に傾いたことも否めない(→プレシオジテ)。18世紀になると思想的傾向を強く示すようになり,ベルナール・ル・ボビエ・ド・フォントネルボルテール,ドゥニ・ディドロなどが政治,宗教,科学を好んで論じ,啓蒙主義運動(→啓蒙思想)の温床となった。19世紀以後,文学に与える影響は小さくなったが,依然としてフランス文学の一大背景となっている。
(2) 美術分野で 17~18世紀の美術品の披露,鑑賞の場をさし,のち定期的に開催される展覧会をいうようになった。1667年にジャン=バティスト・コルベールの企画によって,パレ・ロワイヤル中庭で一定期間,生存作家の作品を展観したのがこの意味でのサロンの始まりであり,最初のサロン・カタログは 1673年に出された。ルイ15世治下,1725~73年の間に,ルーブル宮殿のサロン・カレで 25回の展覧会を開催。この展覧会は,アカデミーに所属する作家のみが出品できる官展であった。18世紀後半には,1764年にドイツのライプチヒ,1768年にイギリスのロンドンなどヨーロッパ各地でサロンが開かれた。19世紀になるとほぼ毎年開催され,美術評論もサロン評という形式をとることが多かった。1881年に,ジュール・フェリーがサロンの審査に役所が介入することを廃止し,サロン出品者から選ばれた 90人の審査委員が作品審査をすることになり,サロン・デ・ザルチスト・フランセと称した(→アンデパンダン展)。今日パリで開催されるおもなサロンに,春季はサロン・デ・チュイルリー(1923創立),サロン・ド・メ(1945創立)など,秋季にはサロン・ドートンヌ(1903創立)などがある。(→フランス美術

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン
saron
インドネシアのガムラン合奏音楽で主要旋律用に使われる楽器木製の台の上に並べた板状金属,木,あるいはを1本の (つち) で打って鳴らす仕組みで,音域は1オクターブ。金属 (青銅) 製が最も一般的。ジャワ島のサロンには大中小3種あり,それぞれサロン・ドムン,サロン・バルン,サロン・リチェと呼ばれる。もっとも狭義のサロンはこのうちの中型のものである。演奏の困難さは右手打奏左手が音が変るたびに追いかけて素手で音板をはさんで押えて消音することにある。大中小が同時に奏されるとオクターブ重複になる。バリ島にはサロンはなく,サロンに似たガンサがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン
sarong
東南アジアのマレー半島からインドネシア諸島に及ぶ地域の民族服で,一種の腰布。幅約 1m,長さ2~4mの矩形の1枚の布を,脇にひだを寄せ,スカート状にウエストに巻きつけて着用する。カイン kainと呼ばれる下ばきが発達して,外衣になったものとされている。用布は多彩な織,染模様のある上質綿布。また日本では,サロン用として東南アジアに輸出する厚地の平織綿布を単にサロンと呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サロン(〈フランス〉salon)
洋風の客間。応接室。また、ホテル・客船などの談話室。サルーン。
ヨーロッパ、特にフランスで、上流階級の婦人が、その邸宅の客間で開いた社交的な集まり。
美術の展覧会。
美容や飲食などの接客を主とする業種・店舗につける語。「ビューティーサロン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン(〈インドネシア〉saron)
インドネシアの打楽器。木製の台の上に青銅の板を木琴状に並べたもので、槌(つち)でたたいて奏する。音域により2~4種あり、ガムランの中で主旋律を受け持つ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン(〈マレー〉sarong)
インドネシア・マレーシア・南インドなどで、男女ともに用いる幅広い筒状腰衣。余った部分をひだに整えて腰にはさんで着用する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サロン【salon】

[客間としてのサロン]
 フランスの近世住宅の中心をなす客間をいう。オテル形式の住宅では前庭(中庭)に設けられた入口を入り,前室を経て到達する。ほとんどの場合サロンは庭園に面しており,庭園に向かって張り出している場合も多い。家具調度も接客用に吟味されたものが用いられ,部屋の形は四角だけでなく,円形多角形楕円形などをなす場合がある。近世の住宅が居ごこちのよさを追求したところに生じた形式ということができ,中世住宅の大きな広間と現代住宅の応接間中間の形式であり,時代的にも両者の中間期の産物である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サロン【sarong】
東南アジアのマレー半島からインドネシアにかけて男女に用いられる腰巻衣の一種。語源マレー語で袋を意味するsārungに由来。長さ2~4m,幅1mの布の両端を縫い合わせ筒状にして体を入れ,あまった布をひだをとったり折り返したりして腰にはさみこんで着用する。同種のものをミャンマーではロンジーlongyi,タイではパーシンphâ sînなどと呼ぶが,素材,文様,着装法など国や民族で異なり,それぞれに特色がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サロン【saron[ジヤワ]】
ジャワのガムランの中で用いられる青銅製の旋律打楽器。サルンsarunとも呼ばれる。数枚の肉厚・長方形の青銅板の両端にそれぞれ孔をあけ,共鳴体である箱形の木の台に取り付けた支柱に差し込む。木または水牛の角でできたばち)で青銅板をたたく。よく通る力強い音色をもつ。中部ジャワの大編成のガムランでは,1オクターブずつ音高の違う大中小のサロンが用いられ,低音のものは定旋律を,高音のものは細かい修飾旋律を奏する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

サロン
〘名〙 (salon)
① 西洋風の邸宅の客間。応接間。談話室。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「各房の内、大なるは客座『シッチングルーム』仏にて『サロン』 寝室 ベットルーム〈略〉皆具す」
② 客船の、主に上級の船客が共通に用いる、休憩、談話などのための大きな部屋。
※夢十夜(1908)〈夏目漱石〉第七夜「或時サローンに這入(はい)ったら」
③ ヨーロッパ、特にフランスの上流社会で、邸宅の客間(サロン)で女性が主催して開いた、社交的な集まり。芸術・学問・政治などが論じられた。転じて、芸術家や学者などの集まりをいう。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「その客間は若い信者や、慈善家や、芸術家達のサロンとなって」
④ (salon) フランスの美術展、特にパリのサロン‐ドートンヌをいう。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉風景画家コロオ「巴里に帰って初めてサロンに出品し」
⑤ 美容院や喫茶店、また洋風の酒場、バー、キャバレーなどの名として用いられる。
※鍵のかかる部屋(1954)〈三島由紀夫〉「『サロン春』といふ店へ入りたくて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン
〘名〙 (saron) 旋律打楽器の一つ。インドネシアの民族楽器で、青銅板を木琴状に並べ、一オクターブずつ四オクターブにわたる四つのサロンが一セットになっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン
〘名〙 (sarong 元来はマライ語で袋、筒の意) インドネシア、ポリネシア、マレーシア、スリランカ地方などの民族衣装。幅約一メートル、長さ三~四メートルの綿布または絹布を染色したもので、通常、腰に巻く。男女ともに着用する。〔紅毛雑話(1787)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サロン
salon
17〜18世紀のフランス絶対王政下に流行した文化的社交の会
貴婦人邸に各界名士貴族集まり,文学・芸術を論じ,政治を批判した。革命ナポレオン戦争を通じて凋落し,19世紀に再開されたものの影響力は減少した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サロン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サロンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation