@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サン=シモン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サン=シモン
Saint-Simon, Claude-Henri de Rouvroy, Comte de
[生]1760.10.17. パリ
[没]1825.5.19. パリ
フランスのユートピア社会主義者。『回想録』の著者サン=シモン公の甥の子。アメリカ独立戦争に参加し,恐怖政治期はリュクサンブール宮殿に監禁されたが,1793年釈放。 1803年『一ジュネーブ住民の書簡』 Lettres d'un habitant de Genève à ses contemporainsをスタール夫人に献じ求婚したが失敗,日夜を分たぬ浪費で,やがて貧困の境涯に転落した。 23年自殺を企て,『新キリスト教論』 Nouveau Christianisme (1825) の執筆を最後に失意のうちに没した。サン=シモンの歴史観は社会進化の要因を,観念または思想の変化に求める精神史観と,経済に求める経済史観の二元論から成り,フランスの歴史を非産業階級に対する生産的,産業的階級の対立の歴史とみなし,産業階級を社会第1階級とする理想社会 (産業制社会) の成立を強調し,当時の産業革命の進行と工業化社会の将来を予測した。その思想は弟子の B.アンファンタン,M.シュバリエらによってサン=シモン主義として伝えられ,特に第二帝政の資本家や銀行家の理論的支柱となった。主著『産業体制論』 Système industriel (20~22) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

サン=シモン
Claude Henri de Rouvroy, Comte de Saint-Simon
1760〜1825
フランスの空想的社会主義者
アメリカ独立戦争に参加。フランス革命に共感したが,のちこれを批判し,実証的科学にもとづく社会の再組織を提唱,生産者(労働者・農民・工場主)が支配する産業制度を樹立しようとした。死後,その思想はサン=シモン主義として発展し,フランス産業革命の思想的推進力となり,社会主義運動にも影響を与えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サン=シモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サン=シモンの関連情報

関連キーワード

ハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド山県周南ミッチェルジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽徳川家治ボルテール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation