@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サンクトペテルブルク

大辞林 第三版

サンクトペテルブルク【Sankt-Peterburg】
ロシア連邦の北西部、ネバ川の河口に位置し、バルト海のフィンランド湾に臨む港湾都市。モスクワに次ぐ工業・学術・文化の中心地。1712年から1918年までロシア帝国の首都。一八世紀初めピョートル一世によって建設されペテルブルクと称し、1914年ペトログラードと改称。24年レーニンの名にちなんでレニングラードに改めたが、91年現名に改称。金属・造船・機械などの工業が発達。冬宮・ピョートル宮殿・エルミタージュ美術館などがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

サンクトペテルブルク
首都モスクワに次ぐロシア第2の都市で、人口457万人。旧名レニングラード。ピョートル大帝が建設し、1712年からロシア革命の翌1918年までは首都。美術館などが有名だが、造船軍需産業、機械製作などが盛んで、有数工業都市でもある。
(2007-06-19 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

精選版 日本国語大辞典

サンクト‐ペテルブルク
(Sankt-Pjetjerburg) ロシア連邦北西部、フィンランド湾奥のネバ川河口にある都市。一七〇三年、ピョートル大帝によって建設された旧ロシア帝国の首都。一九一四年ペトログラード、二四年にレニングラードと改称されたが、九一年現名称に戻った。モスクワに次ぐロシア第二の都市で、造船・兵器・繊維などの工業が盛ん。冬宮・エルミタージュ美術館などがある。ペテルブルク。ペテルスブルク。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンクトペテルブルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サンクトペテルブルクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation