@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サンゴール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サンゴール
Senghor, Léopold
[生]1906.10.9. フランス西アフリカ,ジョアール
[没]2001.12.20. フランス,ベルソン
セネガルの詩人,哲学者,政治家,言語学者。大統領(在任 1960~80)。フルネーム Léopold Sédar Senghor。ジョアール出身のセレル族。カトリック系の小学校を卒業,首都ダカールへ出て,優等で中等教育(→リセ)を終了。1928年奨学金を得て渡仏。ルイ・ル・グラン校,ソルボンヌ大学を経て,アフリカ人初の高等教育教授資格(アグレジェ)を取得。その後しばらくはパリのマルセラン・ベルテロー校などでヨーロッパ古典文学,アフリカの言語と文化を教えた。1942年フランスの対独レジスタンス運動に参加,ドイツ軍の捕虜となり収容所生活を経験。1945年セネガル代表のフランス国会議員。1948~58年フランス海外国民学校教授。1960年セネガル独立後の初代大統領。1962年ママドゥ・ディア首相のクーデターが失敗に終わり,サンゴール体制は続いた。1972年にはアフリカ=マダガスカル協力機構(のちアフリカ=モーリシャス共同機構)議長に選出された。1978年2月大統領に 5選されたが 1980年12月任期途中で辞職。アフリカ社会主義の理論的指導者の一方,1940年代半ばから詩集を発表。そのほか,文学論,随筆,政治論文,言語学論文などを発表している。また,黒人文学運動ネグリチュードの提唱者の一人としても有名。『影の』Chants d'ombre(1945),『黒いいけにえ』Hosties noires(1948),『エチオピック』Éthiopiques(1956)などの詩集がある。ダグ・ハマーショルド賞をはじめ,国際的な賞を多く受賞。1984年,アカデミー・フランセーズ史上初のアフリカ人会員に選ばれた。(→アフリカ文学

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サンゴール(Léopold Sédar Senghor)
[1906~2001]セネガルの政治家・詩人。旧フランス領西アフリカの独立運動を進め、セネガル独立後は初代大統領に就任。在任1960~1980。ネグリチュード運動をすすめ、世界黒人芸術祭を主催するなど黒人文化の創造性を主張した。詩集「ナエットのための歌」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サンゴール【Léopold Sédar Senghor】
1906‐2001
西アフリカ,セネガルの政治家,詩人,思想家パリ大学を卒業し,アフリカ人では初の中・高等教育教授資格を取得,トゥール,パリの高校で教壇に立った。第2次大戦中対独レジスタンスに参加し,戦後フランス制憲会議にセネガル代表として参加(1945‐46)したのを契機に本格的政治活動を開始した。フランス第四共和政国民議会のセネガル代表議員(1946‐58),フォール内閣国務相(1955‐56)などを歴任し,かたわらフランス海外国民学校教授(1948‐58)も務めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サンゴール【Léopold Sédar Senghor】
1906~2001 セネガルの政治家・詩人。独立運動に参加、初代大統領(1960~1980)。一方、ネグリチュード運動をすすめ、黒人文化の創造性を主張。詩集「ナエットのための歌」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サンゴール
さんごーる
Lopold Sdar Senghor
(1906―2001)
セネガルの政治家、詩人。旧フランス領西アフリカにおける民族・文化運動指導者。セレル人商人の家に生まれ、ダカールのカトリック系学校で学んだあと、パリ大学で文学を学び教授資格を取得し、トゥールおよびパリで教鞭(きょうべん)をとる。第二次世界大戦中、フランス軍に参加したがドイツ軍の捕虜となり、1942年釈放後はレジスタンス運動に加わった。大戦終結後、フランス制憲議会議員、フランス国民議会議員に選出され、フランス社会党と連携しながら、「アフリカ社会主義」を目ざして、西アフリカの独立運動を進めた。同時期、『影の歌』(1945)、『ナエットのための歌』(1948)などの詩集を発表するほか、パリで『プレザンス・アフリケーヌ』誌を創刊(1947)、黒人文化の創造性を主張する「ネグリチュード」運動を進めた。1959年にフランス領スーダン(現マリ)とともにマリ連邦を結成し、翌1960年に独立、モディボ・ケイタが大統領、サンゴールが連邦議会議長となった。しかし、両者間の対立によって、マリ連邦は3か月で崩壊、サンゴールはセネガル共和国の初代大統領になった。その後、1980年まで大統領を務め、親西欧的外交政策をとり、穏健な社会改革路線をとり続けた。1983年アフリカ人として初めてアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。[中村弘光]
『日本セネガル友好協会編・刊『レオポルド・セダール・サンゴール詩集』(1979) ▽登坂雅志訳編『ブラックアフリカ現代詩選』(1993・花神社) ▽Janice S. Spleth Leopold Sedar Senghor(1985, Twayne Publishers, Boston)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンゴール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サンゴールの関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation