@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サーチライト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サーチライト
search light
探照灯。強い光源もち反射鏡プリズムで高光度のビーム光を遠距離に照射する装置遠くにある物体照明,あるいは信号灯として用いる。光源には,1870年頃から炭素アーク,1910年頃からは希ガスを用いて輝きを強めたものが使われ,現在大型のものには高輝度アークが,小型のものには白熱灯放電ランプが用いられている。反射鏡は,1885年頃まで球面鏡が広く使われたが,それ以後は放物面鏡が使われるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サーチライト(searchlight)
探照灯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

サーチライト
日本のポピュラー音楽作曲シンガーソングライター、玉置浩二。2013年発売。作詞:玉置浩二、須藤晃。日本テレビ系で放送のドラマ「東京バンドワゴン 下町大家族物語」のエンディングテーマ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さーちらいと【サーチライト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

サーチライト【searchlight】
探照灯。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サーチライト
さーちらいと
searchlight
投光器の一種。ランプに反射鏡やレンズを組み合わせて、ある限られた範囲をほぼ平行な光ビームで照明する照明器具のうち、光ビームを出射する開口が0.2メートル以上のものをいう。探照灯ともいわれ、艦船などに搭載されて遠方の海上漂流物などの探索に用いられる。また、遠方からその存在が認められるので、記念碑的な造形物に設備される場合もある。たとえば1970年(昭和45)の大阪万国博覧会では、「太陽の塔」に5キロワットキセノンランプ2基が設備され、夜空に鋭い光ビームを出射し興趣を盛り上げた。サーチライトに似たものにスポットライトがある。これは開口が0.2メートル以下で光ビームの広がりが20度を超えないものをいう。舞台やテレビスタジオの照明に使用される円形ビームは、スポットライトによるものである。[高橋貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サーチ‐ライト
〘名〙 (searchlight) 投光器の一つ。大形で精度の高い反射鏡を持ち、強く細い光束(ビーム)を出すもの。光源には炭素アーク灯、平面形の電球などが用いられる。探照灯。
※風俗画報‐二七五号(1903)両陛下御巡覧「夫(それ)よりラスベ商会出品探海燈(サーチライト)の作用を御覧あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーチライト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーチライトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation