@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サードパーティ【さーどぱーてぃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サードパーティ
third party
パーソナル・コンピュータ本体のメーカーとは無関係に,パーソナル・コンピュータで使う周辺機器を製造・販売する会社の総称。サードパーティの製品は,メーカーの純正品に比べ価格が安く,メーカーのラインアップにない商品を補う。メーカーからみると,単価が低く利益の少ない周辺機器の開発コストを節約できるうえ,周辺機器の種類が多くなりユーザーをひきつけられるなどの利点がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サードパーティ
さーどぱーてぃ
third party

外部事業者。ファーストが当該メーカー、セカンドが子会社や関連会社など、あるいはユーザーをさし、サードは資本関係のない第三者であることを意味する。コンピュータやゲームビジネスで用いる用語で、当該プラットフォーム向けに互換性のある周辺機器、ソフトウェア、ゲームソフトを製造するメーカーをさす。たとえばマイクロソフト社のWindows(ウィンドウズ)向けにドキュメント管理ソフトなどをつくるアドビシステムズ、ソニーのプレイステーションに対し、ゲームソフトを提供するスクウェア・エニックスなどがサードパーティに該当する。本来的な意味では、メーカー側とは契約がない状態で周辺機器・ソフトウエアをかってに製作する事業者のことであるが、とくにゲーム業界の場合にはライセンス契約に基づいて生産している事業者をサードパーティとよぶことが多い。サードパーティが製造したものは、非純正品、アフターマーケット製品などとよばれることもある。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サードパーティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サードパーティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation