@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サービスマーク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サービスマーク
service mark
役務 (サービス) を提供する者が需要者に他者の提供する役務と識別してもらうために使用する標章不正競争防止法 (1条1項2号) によって保護され,類似の他人の標章の使用を差止めることができる。 1883年以来の「工業所有権の保護に関するパリ条約」のうえでは登録制度によって保護する必要はないが,登録制度を有する国が次第にふえ,日本においても商標一種として登録を認めることとなった。平成3年5月2日法律 65号により商標法が大幅に改正され,1992年4月1日から施行された。サービスマークには文字,記号図形などが用いられ,あるいはそれらの組合せでもよい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サービス‐マーク(service mark)
商標のうち、役務(サービス)に表示する標章役務商標

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

サービスマーク【service mark】
広告・輸送などのサービス提供団体がサービスの象徴として用いるマーク。登録により法的保護を受ける。役務標章えきむひようしよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

サービスマーク
さーびすまーく
service mark
現代の経済社会において著しく発展してきたサービス産業である広告、金融、保険、不動産、建設、放送、運輸、教育、ホテルなどの事業者が、自己の提供するサービスについて使用するマーク。たとえば、日本電信電話の「NTT」、日本航空の「JAL」などがある。このマークは、経済取引の場においては、商品に使用されるトレードマーク(商標)と同じ働き(自他識別機能)を有する。従来は、有名なサービスマーク(営業標識)を不正競争防止法により保護していたが、1991年(平成3)の商標法改正により、92年サービスマークも商標として登録する制度を導入した。サービスマークは文字、図形、記号だけでなく、立体形状も登録でき、法律上は、商品に使用する商品商標と区別して、役務商標と称している。[瀧野秀雄]
『特許庁商標懇談会編『サービスマークの実務』(1994・発明協会) ▽小野昌延著『商標法概説』第2版(1999・有斐閣) ▽網野誠著『商標』第6版(2002・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サービスマーク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サービスマークの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation