@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サービトリー物語【サービトリーものがたり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サービトリー物語
サービトリーものがたり
Sāvityupākhyāna
古代インドの物語。サンスクリット大叙事詩マハーバーラタ』の第3編に含まれている貞女物語。作者,成立年未詳。マドラ国の王女サービトリーは愛する夫サティヤバットの死にあい,死の神ヤマに切々の情を訴えたので,死の神もその貞淑な心に感動して夫を蘇生させる。サービトリーの貞節は女性のとしてインド婦人に敬愛され,この物語は後世まで語り伝えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サービトリーものがたり【サービトリー物語 Sāvitry‐upākhyāna】
古代インドの叙事詩,《マハーバーラタ》中の挿話の一つナラ王物語と共につとに有名となった。《マハーバーラタ》第3巻277~283章(プーナ批判版)に収められ,7章297頌より成る。マドラ王,アシュバパティがサービトリー女神にかけてもうけた娘サービトリー姫は,シャールバ国の盲王デュマットセーナの王子サトヤバットと婚約するが,聖仙(リシṛsi)たちは新郎が1年後死ぬであろうと予言して,彼を捨てるよう勧める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

サービトリー物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サービトリー物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation