@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サーベル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サーベル
sabre; saber
軍用の。 18世紀頃オリエント (→中東 ) から移入されたハンガリー騎兵の長刀に由来し,以後ヨーロッパ,アメリカ合衆国で使われた軍刀の大部分を占めた。片刃で,先端が鋭い。日本では旧軍隊,また 1947年の改革以前の警察で広く使用された。競技用に使われるサーベルは,19世紀にイタリアで決闘用に開発されたもので,比較的軽く,短く,刃の線に対して水平方向に柔軟である。フェンシング競技では「サーブル」と発音される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

サーベル(〈オランダ〉sabel)
もと軍人警官が腰に下げた、西洋風細身で片刃の刀。洋剣

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

サーベル
西洋風の刀剣一種。ドイツ語のSäbelの転。片刃で先がとがり,反りのある斬撃用のもので,主として騎兵が使用した。日本では明治初期に指揮用,騎兵用として軍隊に採用され,やがて警察官もこれを帯びるようになった。こうしたことから,軍人や警察官をさげすんだ語として使われ,さらにそれが腰に吊られてぶらぶらしているというので,ぶらぶら歩きのにも用いられた。第2次大戦後は自衛隊,警察ともにサーベルの使用を廃止し,警察官は短い警棒を携帯して,護身・攻撃の具としており,その使用等については国家公安委員会規則によって規制がなされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

サーベル
さーべる
saber

洋式刀のこと。原型はサラセンの海賊の武器で、それから変型した長剣が、14世紀以来ドイツ地方で用いられていたといわれる。1670年にフランスのルイ14世が騎兵用の武器として採用してから、ヨーロッパ各国に普及し、騎兵隊の武器、および高級軍人の礼装用などに採用された。旧日本軍においても、日本刀より軽量で、かつ片手で扱えるため、明治時代から指揮刀、騎兵用の武器として採用し、また警察官も1882年(明治15)以来携帯していたが、太平洋戦争後廃止された。現在では自衛隊の礼式用に使われている。なお、フェンシングのサーブルはこの一種である。

[小橋良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

サーベル
〘名〙 (sabel Säbel)
① 片刃で先がとがり、刀身にややそりのある細身の西洋風の剣。日本では明治時代に指揮刀・騎兵刀に採用。明治一五年(一八八二)から警察官も携帯したが第二次世界大戦後廃止された。洋剣。サーブル。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「士族の両刀が巡査の『サーベル』と為り」
② 軍人や警察官をさげすんで呼んだ語。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉二「洋刃(サアベル)の厄介も御身分がら如何(いかが)や」
③ (腰のあたりにぶらぶらしているところから) ぶらぶら散歩することをいった俗語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーベル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーベルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation