@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サーマン朝【サーマンちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

サーマン朝
サーマンちょう
Sāmānids; Sāmāniyān
トランスオクシアナおよびイラン東部を支配したイラン系王朝 (875~999) 。バルフ地方の豪族サーマン家は9世紀初めにはアッバース朝に仕えて東部イラン,トランスオクシアナ各地の知事の職にあったが,875年ナスル (在位 874~892) がアッバース朝から自立。 900年にはイスマーイール・イブン・アフマド (在位 892~907) がサッファール朝に勝利し,ブハラを首都とする王朝の最盛期を現出せしめた。サーマン朝はスンニー派イスラム教を保持し,形式的にはアッバース朝の権威を認めていたが,整備された官僚機構とトルコ人奴隷から成る傭兵軍隊を有するイラン人の独立王国として存在し,その宮廷には多数の文人,学者が集っていわゆるイラン・ルネサンスが開花した。しかし,10世紀後半トルコ人奴隷の台頭,シーア派ブワイフ朝との抗争ガズニー朝の成立などによって衰退し,セミレチエに興ったトルコ系のカラハン朝に滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーマン朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サーマン朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation