@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

サ行変格活用【サギョウヘンカクカツヨウ】

デジタル大辞泉

さぎょう‐へんかくかつよう〔さギヤウヘンカククワツヨウ〕【サ行変格活用】
動詞の活用形式の一。語形が、文語では「せ・し・・する・すれ・せよ」、口語では「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・しろ(せよ)」のように、文語では五十音サ行のシ・ス・セ三段の音で、口語ではサ・シ・ス・セ四段の音で語形変化する類例のない活用。この活用をする動詞は、文語では「(為)」「おはす」、また、中古の「います」、口語では「する」だけであるが、和語漢語・外来語や、名詞副詞など他の品詞の語について、多くの複合動詞がつくられる。「恋す(る)」「啓す」「熱する」「びくびくする」「ドライブする」など。「甘んずる」「応ずる」などザ行に活用するものも含む。サ変

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さぎょうへんかくかつよう【サ行変格活用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さぎょうへんかくかつよう【サ行変格活用】
動詞の活用形式の一。口語の「する」、文語の「す」、およびそれらと複合してできた動詞にのみみられるもの。口語では「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・しろ(せよ)」、文語では「せ・し・す・する・すれ・せよ」と活用する。サ行変格。サ変。 → 変格活用する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぎょう‐へんかくかつよう さギャウヘンカククヮツヨウ【サ行変格活用】
〘名〙 動詞活用の一つ。文語では「す(為)」、口語では「する」の活用で、サ行で三段に変化する。すなわち、文語「せ・し・す・する・すれ・せよ」、口語「し(せ・さ)・し・する・する・すれ・せよ(しろ)」。この動詞は動詞、形容詞や和語の名詞、漢語その他の外来語と複合するが、その活用は同様である。「心す」「与(くみ)す」「重んず」「愛す」「キャッチする」など。ただし、口語ではザ行上一段(「命じる」「軽んじる」)、サ行四段(「愛す」「訳す」)などに変化していく傾向の顕著な類がある。サ行変格。サ変。〔語彙別記(1871)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サ行変格活用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

サ行変格活用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation