@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ザンギー朝【ザンギーちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ザンギー朝
ザンギーちょう
Zangī
イラク北部からシリア北部を支配したトルコ系のイスラム王朝 (1127~1222) 。建設者はイマード・ウッディーン・ザンギー (在位 1127~46) 。 1127年ザンギーはセルジューク朝スルタンマフムードからモスル総督に任じられると同時に,アター・ベグ称号を受け,セルジューク朝西部の政治的混乱に乗じて勢力を伸長し,シンジャール,ジャジーラ,ハッラーン,アレッポ,ハマーに領土を広げた。 44年十字軍からエデッサを奪ったが,彼の死後帝国は2子に2分され,シリアはヌール・ウッディーンが,ジャジーラはサイフ・ウッディーン・ガージーが支配した。ヌール・ウッディーンは 54年にダマスカスを攻略すると,シリアとエジプトから十字軍を挟撃する計画を立てたが,エジプトにアイユーブ朝が成立してからはサラディンによって次第にその領土を侵食され,死後,シリアは再びモスル政権の支配下に入った。 1222年宰相のバドル・ウッディーン・ルルがモスルのアター・ベグになったことにより王朝は滅びた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ザンギーちょう【ザンギー朝 Zangī】
ジャジーラからシリアを支配したトルコ系のスンナ派イスラム王朝。1127‐1222年。セルジューク朝の分裂に乗じて各地に自立したアター・ベク国家の一つで,創始者はマリクシャーの奴隷兵であったアーク・スンクルの子ザンギーZangī(1084‐1146,在位1127‐46)。1127年,ザンギーはモースル総督に任ぜられて自立し,西はシリア,北はクルディスターンに進出して領土を拡張するとともに,44年にはエデッサを陥れて十字軍への反撃を開始した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ザンギー朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ザンギー朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation