@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ザンド朝【ザンドちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ザンド朝
ザンドちょう
Zands; Zandīyah
イランの王朝 (1757~94) 。ゼンド朝ともいう。 18世紀なかば,ナーディル・シャーの暗殺によりアフシャール朝の支配は崩壊し,各地にその部将たちが割拠したが,そのうちよりザンド族のカリーム・ハーン・ザンド (在位 57~79) がこれら群雄を押え,ファールスシーラーズを首都として全イランを統治した。彼はホラーサーンに存続するアフシャール朝を認めて,みずからはシャー (イランの王号) と号せず,内政に努める一方,ペルシア湾に進出しつつあったイギリスとの経済関係の進展に意を用いた。しかし,彼の没後,後継者争いとトルコ系カージャール族の台頭により同王朝は急速に衰退,ついに 1794年カージャール族のアーガー・ムハンマドによって滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ザンドちょう【ザンド朝 Zand】
〈ゼンド朝〉ともいう。イラン系ザンド族のカリーム・ハーンが建てたイランの王朝。1750‐94年。アフシャール朝のナーディル・シャー暗殺後の混乱に乗じて,カリーム・ハーンはイスファハーンでサファビー朝の後裔を擁立,彼の摂政になった(1750)。その後一時タブリーズに拠るアーザード・ハーンの軍にペルシア湾岸まで追われたが,シーラーズに拠って盛り返した。そして58年,最強の敵アスタラーバードに拠るカージャール族のモハンマド・ハサン・ハーンを破り,63年ホラーサーンを除くイラン全土に君臨した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ザンド朝
ざんどちょう
Zand
イラン南部に中心を置いたイラン系王朝(1750~94)。首都はシーラーズ。ロル人の一分派ザンドの長カリーム・ハーンがナーディル・シャーの死後の混乱期に、イスファハーンの支配権を握ったのが始まりである。彼の時代に南はバスラ、北はアゼルバイジャン、東はシースターンに至る領土を得た。しかしついにホラサーンを支配することはできず、また表面上はサファビー家の臣下の形をとっていた。ザンド朝治下では、シーラーズ、イスファハーンなどの都市の復興が進められ、産業が育成され、ヨーロッパ系企業との関係も強められた。またペルシア詩の分野では、前述の2都市を中心に文芸復興運動がおこった。[清水宏祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザンド朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ザンド朝の関連情報

関連キーワード

プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いまぶ鳥人幸吉異素六帖大槻玄沢カノーバ

他サービスで検索

「ザンド朝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation