@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ザーグロス山脈【ざーぐろすさんみゃく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ザーグロス山脈
ざーぐろすさんみゃく
Reshteh-ye Kūh-hāye Zāgros

イラン北西部から南東部に走り、イラン高原の南西縁辺を形成する褶曲(しゅうきょく)山脈。延長約1600キロメートル、幅160~320キロメートル、3000メートル級の山が多い。最高峰は4547メートルのザルデ山。南西斜面部のフーゼスターン地方は世界の大油田地帯の一つで、ケルマーンシャーとシーラーズがこの山岳地域にある大都市である。この地域の人口は約500万と推定され、その大部分はクルド人、ロル人、バフチアリ人などの遊牧民で、彼らは冬は温暖の地、夏は冷涼の地へと長い距離を毎年定期的に家畜を連れて移動する。平地部では麦類、綿花、タバコなどが栽培されている。

[岡﨑正孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ザーグロス山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ザーグロス山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation