@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シアン酸塩【シアンサンエン】

化学辞典 第2版

シアン酸塩
シアンサンエン
cyanate

OCNを含む塩.Hg,Agなどの塩は,共有結合性が強く,Nが金属に結合している.水溶液中でシアン酸カリウムと硝酸銀との反応で得られるAg塩は,Nが二つのAgを橋かけし,…Ag-N(CO)-Ag-N(CO)…型の鎖状になっている.それ以外の金属塩の多くは,OCNを含むイオン結合性の塩である.多くの塩は,各金属の炭酸塩または酸化物を,尿素とともに加熱すると得られる.または,シアン化物を弱い酸化剤(たとえば,PbO)で酸化しても得られる.ただし,シアン酸アンモニウムはシアン酸とアンモニアからつくる.塩は一般に安定で,とくにアルカリ金属塩は安定である.KOCN(81.12)は正方晶系の結晶で,約700 ℃ まで安定である.水に易溶で,水溶液を加熱すると尿素になる.アルカリ土類金属塩は,加熱すると炭酸塩になる.多くの金属と錯体を形成する.重金属では多くの場合N配位で,シアナトN錯体であるが,[Mo(OCN)6]3-,[Re(OCN)6] などO配位のシアナトO錯体もある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアン酸塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シアン酸塩の関連情報

関連キーワード

ゲオスマホインターネットプロバイダーOCNODNベストエフォート格安スマホ小樽市立小樽美術館沼田町化石館襟裳岬 風の館

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation