@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シェーストレーム

世界大百科事典 第2版

シェーストレーム【Victor Sjöström】
1879‐1960
スウェーデン映画監督。〈北欧映画神秘主義〉を世界に印象づけた名作霊魂の不滅》(1921)によって知られるサイレント時代の巨匠。舞台俳優から映画界入りし,俳優兼監督として《波高き日》(1917),《生恋死恋》(1918),そしてとくに二重露出の映像効果を最大限に生かした《霊魂の不滅》(1939年にフランスでジュリアン・デュビビエ監督により《幻の馬車》ので再映画化)等々を発表。1923年,ハリウッドに招かれて,グリフィス監督の映画のヒロインだったリリアン・ギッシュ主演の《真紅の文字》(1925),《風》(1928)など〈サイレント末期の傑作〉を撮り,なかでも《風》は〈サイレント映画であるにもかかわらず,突風のうなり,ガラス窓に吹きつけられるの音が聞こえるような気がする〉迫真の名作としてジョルジュ・サドゥールの《世界映画史》に記されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シェーストレーム
しぇーすとれーむ
Victor Sjstrm
(1879―1960)
スウェーデンの映画監督、俳優。もと舞台俳優であったが、1912年から映画監督を始め、スウェーデン無声映画の黄金時代の代表者の一人となる。『波高き日』(1916)の壮大な漁民の叙事詩でまず知られ、『生恋死恋』(1918)のラップランドの自然と愛欲の姿の厳しさはまた前人未到の映画美を現出した。さらに『霊魂の不滅』(1920)の二重焼きの技術を芸術的に駆使した幽明の世界の神秘譚(たん)こそ、彼独自の北欧的神秘主義の極致というべきものである。のちアメリカに渡り、『風』(1928)の名作をつくったが、トーキー以後は俳優の仕事に専念し、ベルイマン監督の『野いちご』(1957)などに出演した。[飯島 正]

資料 監督作品一覧

波高き日 Terje Vigen(1916)
生恋死恋 Berg-Ejvind och hans hustru(1918)
感激の夜 Klostret i Sendomir(1920)
霊魂の不滅 Krkarlen(1920)
愛の坩堝 Vem dmer(1921)
燃ゆる嫉妬 Eld ombord(1923)
殴られる彼奴(あいつ) He Who Gets Slapped(1924)
故郷の土 The Tower of Lies(1926)
真紅の文字 The Scarlet Letter(1926)
風 The Wind(1928)
悪魔の仮面 The Masks of the Devil(1928)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェーストレーム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シェーストレームの関連情報

関連キーワード

新藤兼人教育改革磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation