@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シェーラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シェーラー
Scheler, Max
[生]1874.8.22. ミュンヘン
[没]1928.5.19. フランクフルトアムマイン
ドイツの哲学者,社会哲学者。ハイデルベルク,ベルリン,イェナの各大学に学んだ。イェナではオイケンの指導を受け,ミュンヘンでは F.ブレンターノフッサール門下の学者らと会い,現象学の影響を強く受けた。 1910年講壇を去り,17年ジュネーブ,18年ハーグでドイツ外務省の仕事にたずさわった。 19年ケルン大学哲学社会学教授,28年フランクフルト大学教授となったが,同年,した。現象学的方法を哲学,倫理学,社会学,心理学,宗教学の諸分野に適用し,大きな影響を与えた。倫理学的には,カント倫理学の形式主義に対して,価値の程度差を認める実質的価値倫理学を主張し,N.ハルトマンに受継がれた。社会学的には,マルクス主義の方法と術語を巧みに換骨奪胎しながら,カトリックの立場から観念論的ないし人間学的に上部構造と下部構造との相互関係を考察した。主著『倫理学における形式主義と実質的価値倫理学』 Der Formalismus in der Ethik und die materiale Wertethik (1913~16) ,『人間における永遠なもの』 Vom Ewigen im Menschen (21) ,『宇宙における人間の位置』 Die Stellung des Menschen in Kosmos (28) ,『哲学的世界観』 Philosophische Weltanschauung (29) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェーラー
Scherer, Wilhelm
[生]1841.4.26. シェーンボルン
[没]1886.8.6. ベルリン
ドイツの言語学者,文学史家。ウィーンストラスブールベルリンの各大学教授。言語や文芸の研究に実証主義的方法を確立しようとし,大きな影響を与えた。『ドイツ語史の試み』 Zur Geschichte der deutschen Sprache (1868) などの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シェーラー(Max Scheler)
[1874~1928]ドイツの哲学者・社会学者。カント形式主義倫理学に反対し、実質的価値倫理学を確立。現象学的方法を心理学・社会学・哲学などに適用した。晩年は、哲学的人間学の樹立尽力「倫理学における形式主義と実質的価値倫理学」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シェーラー【Max Scheler】
1874‐1928
ドイツの哲学者,社会学者。ミュンヘンで,ドイツ人の父とユダヤ人の母との間に生まれ,イェーナ大学人格主義的観念論の哲学者R.オイケンについて学位を取得し,同大学の私講師から教歴をはじめた。1901年以降ゲッティンゲン大学のフッサールと相識り,現象学への傾斜を深めた。07年にはイェーナ大学からミュンヘン大学の講師にかわり,10年には教職を退いたが,これは最初の妻の起こしたスキャンダルのためであったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

シェーラー
生年月日:1841年4月26日
ドイツの言語学者,文学者
1886年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シェーラー
(Max Scheler マックス━) ドイツの哲学者。現象学的な方法を倫理学、宗教哲学、社会学に適用し、哲学的人間学の建設をめざした。主著「倫理学における形式主義と実質的価値倫理学」「知識の諸形態と社会」。(一八七四‐一九二八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シェーラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シェーラーの関連情報

関連キーワード

ムソルグスキーおもなお雇い外国人自由民権運動わが祖国島義勇小野梓サイゴン条約スイス台湾出兵ニーベルングの指環

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation