@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シエナ派【シエナは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シエナ派
シエナは
Sienese school
中部イタリアのシエナを中心として,13世紀から 14世紀にかけて栄えた画派。 13世紀にグイド・ダ・シエナが現れて活躍し,いまでは名前の知られていない画家たちとともにこの画派を形成した。 14世紀になると,ドゥッチオ・ディ・ブオニンセーニャ,その弟子のシモーネ・マルティーニロレンツェッティ兄弟が現れ,この画派の作風が確立され,フィレンツェ派と並んで,当時のイタリアの主要な画派として隆盛した。その特色は,フィレンツェ派の合理的,写実的な造形性に対して,甘美で情緒的な装飾性,詩的なイメージにある。しかし,15世紀になるとフィレンツェ派の圧倒的な勢力によって衰退し,単なる一地方様式を固守する画派となったが,サッセッタジョバンニ・ディ・パオロ,ネロッチオ・デイ・ランディらが伝統を守った。この画派の最後の画家として,16世紀に活躍したソドマがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シエナ‐は【シエナ派】
中世末期からルネサンスにかけて、シエナを中心に活躍した画派。最盛期は14世紀で、ドゥッチョマルティーニロレンツェッティ兄弟らがいた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シエナは【シエナ派】
イタリア中部,トスカナ地方のシエナを中心に,13世紀後半から16世紀にかけて展開した一画派。フィレンツェ派が遠近法や解剖学を駆使して造形的で現実感のある合理的な絵画を創始したのに対し,情緒性,装飾性を主体とする洗練された感性的な美を求めた。シエナ派絵画の淵源は,この地域のベネディクト会修道院で数多く作られたミニアチュールにあり,そこからこの派を特徴づける豊かで優美な色彩と,このうえなく洗練された技法への嗜好が生まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シエナ派
しえなは
Scuola Senese

中部イタリア、トスカナ地方の町シエナに輩出した画家の一派。13世紀末から14世紀前半にかけてのイタリア絵画の揺籃(ようらん)期に、ジョットを中心とするフィレンツェ派とともに、イタリア絵画、ひいてはヨーロッパ絵画の形成に大きな役割を果たした。その基礎を築いたのはドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャである。彼はビザンティン風の絵画を洗練し、ジョットの現実感にあふれた力強い表現とは対照的な、優美さや装飾性と人間味がよく調和した繊細な画風を確立した。ドゥッチョの弟子であるシモーネ・マルティーニがこの画風を受け継ぎ、フランス・ゴシック美術の影響のもとに、さらにいっそう洗練の度を加えた。過敏なまでに繊細で、夢幻的な美しさをもったシモーネの芸術において、シエナ派絵画は頂点に達したといえる。彼はジョットとともに、真にイタリア的、ヨーロッパ的画家で、広範な影響を及ぼした。次に重要な画家は、ピエトロとアンブロジオのロレンツェッティ兄弟である。それぞれに個性的な2人は、フィレンツェ派の成果をもよく消化し、ジョットの死後、フィレンツェ派とシエナ派をつなぐ役割を果たすかに思われたが、1348年のペストがその望みを断ってしまった。14世紀には、これら4人の画家の影響のもとにシエナ派は黄金時代を現出し、多くの画家がシエナで活躍した。バルナ・ダ・シエナやバルトロ・ディ・フレディがその代表である。

 15世紀に入ると、もはや先取的な役割を果たす画家は出なくなるが、サセッタやジョバンニ・ディ・パオロ、サーノ・ディ・ピエトロ、マッテオ・ディ・ジョバンニ、ネロッチョ・ディ・バルトロメオら独特の幻想性と宗教性をもった、魅力ある画家たちが活躍した。さらに16世紀になると、北イタリア生まれのソドマと、その影響を受けたドメニコ・ベッカフーミが出ている。

[石鍋真澄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シエナ‐は【シエナ派】
〘名〙 イタリアのシエナを中心に一三世紀後半から一六世紀初めにかけて栄えた、末期ゴシックの代表的な画派。画風は、ビザンチン美術と北欧ゴシック美術の融合した、曲線と色彩の華麗さを特色とする。代表的画家に、ドゥッチョ、シモーネ=マルティーニ、ロレンツェッティ兄弟らがいる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シエナ派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シエナ派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation