@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シエラ・モレナ山脈【しえらもれなさんみゃく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シエラ・モレナ山脈
しえらもれなさんみゃく
Sierra Morena

スペイン中南部、メセタ(イベリア半島中央部の広大な台地)の南縁を東西に走る山脈。長さ約450キロメートル、最大幅120キロメートルの高原状の山地で、最高点はシエラ・マドローナ山塊中の標高1323メートル。西に行くほど高度を減じ、ポルトガルのサン・ビセンテ岬で終わる。山脈の北側と南側をほぼ並行して西流するグアディアナ川とグアダルキビル川の分水界をなし、大断層により生じた南側のグアダルキビル河谷と比高数百メートルの急崖(きゅうがい)で接する。山地斜面は常緑の低木林に覆われる。地下資源に恵まれ、アルマデンの水銀、リオティントの銅など優秀な鉱山が多い。

[田辺 裕・滝沢由美子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シエラ・モレナ山脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シエラ・モレナ山脈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation