@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シコルスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シコルスキー
Sikorsky, Igor Ivan
[生]1889.5.25. キエフ
[没]1972.10.26. コネティカット,イーストン
ロシア生まれのアメリカ合衆国の航空技術者,ヘリコプタ開発者。ペテルブルグ海軍兵学校を卒業し軍人となったが,1906年除隊。パリで工学を学んだのちキエフ工科大学入学。卒業後ヨーロッパを旅行し,ライト兄弟の業績に接して,ヘリコプタの着想を得た。第1次世界大戦末までロシアでヘリコプタや飛行機設計製作に従事。ロシア革命後の 1919年アメリカに渡り,旅客輸送を主目的とする超大型飛行艇の製作を始めた。そのなかには,数々の世界記録をつくったクリッパー・シリーズ (S-40,42,44など) がある。 1930年代末頃からは,若いときに手がけたヘリコプタの開発に戻り,1939年の VS-300を皮切りに,ヘリコプタの実用化に力を尽くした。今日のヘリコプタに使用されている基本的な機構はほとんど 1931年に得た特許と初期の開発研究に含まれている。第2次世界大戦後も,次々と新しいヘリコプタを世に送り,実用航空機としての地歩を確立するのに大きく貢献した。ロシアの聖ウラジーミル十字勲章など,多くの栄誉を受けている。 2001年には「ヘリコプタの殿堂」入りをした。 (→シコルスキー VS-300 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

シコルスキー【Igor Ivanovich Sikorsky】
1889~1972 ロシア生まれのアメリカの航空工学者。飛行機や飛行艇の開発に従事したほか、ヘリコプターの設計にかかり、現在のヘリコプターの形式を完成。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シコルスキー
しこるすきー
Igor Sikorsky
(1889―1972)
アメリカの航空技術者、発明家。ロシアのキエフに生まれる。帝政ロシア時代の1913年に世界最初の四発大型機を設計製作した。革命後の1919年にアメリカに移住し、シコルスキー航空技術社(のちにユナイテッド航空機会社、さらにユナイテッド・テクノロジー社に吸収)をおこし、飛行機や飛行艇の製作に従事した。
 1939年からヘリコプターの設計にかかり、1941年から1942年にかけて現在のヘリコプターの形式を完成した。これによりレオナルド・ダ・ビンチのスケッチに始まるヘリコプターは実用航空機として実現した。その垂直に離着陸し空中に停止することも可能な特性を生かして、輸送、救難、戦時の前線支援などに使われるようになった。なお、世界で最初のヘリコプターは、1936年のドイツのフォッケ・アッハリゲス機である。[佐貫亦男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シコルスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シコルスキーの関連情報

関連キーワード

森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼宇治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation