@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シダ類【シダるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シダ類
シダるい
Filicales; fern
シダ植物のなかで大葉を生じる類の総称はすべて根茎となり,葉はフロンド frondと呼ばれる大葉で,羽状複葉となるものが多く葉柄と葉身と区別ができる。通常は葉の裏面胞子嚢を生じるが,光合成を行う裸葉と,胞子嚢群を生じる実葉とに分れるものもある。現在地球上に約1万種が知られる。なお,広義のシダ植物はこのシダ類のほかにヒカゲノカズラ類トクサ類などを含む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しだるい【シダ類】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シダ類
しだるい
[学]Pteropsida
大葉(たいよう)類ともいうシダ植物の1綱で、枝系(テローム群)起源の葉、すなわち大葉をもつ一群をいう。一般に羽状複葉をもつが、単葉の場合であっても少なくともおもな葉脈は羽状に分枝する。葉縁か裏面に胞子嚢(のう)をつける。枝系から葉への移行過程である葉態枝をもつものに石炭紀の古生シダ類があり、特異な形の中心柱をもつことで知られる。シダ類は真嚢(しんのう)シダ類と薄嚢(はくのう)シダ類の2種に大別される。真嚢シダ類は多細胞起源の胞子嚢をもち、嚢壁は多細胞層であり、薄嚢シダ類の胞子嚢は単細胞起源で、嚢壁は1細胞層である。薄嚢シダ類に含まれる水生シダ類では、大小2型の異型胞子を生じて退化縮小した雌性および雄性の配偶体をつくるが、他の薄嚢シダ類に属するオシダ科、ゼンマイ科、ヘゴ科などは同型胞子をもつ。現生シダの多くは薄嚢シダであり、大きさは数センチメートルのコケシノブから十数メートルになる木生シダまでさまざまである。真嚢シダ類にはハナワラビ、リュウビンタイなどがある。[西田 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シダ類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シダ類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation