@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シッフ塩基【シッフえんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シッフ塩基
シッフえんき
Schiff base
アゾメチンともいう。一般式 RR'C=NR'' で表わされる化合物で,アルデヒド RCHO またはケトン RCOR' と第一アミン R''NH2縮合させて得られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

シッフ塩基

 第一アミンとアルデヒドの間で脱水反応が起こって生成する図に示したアルドイミン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シッフえんき【シッフ塩基 Schiff base】
一般式R1R2C=NR3(R1,R2,R3アルキル基または芳香環)で表される化合物の総称。発見者であるドイツのシッフHugo Schiff(1834‐1915)にちなんで名づけられ,イミンまたはアゾメチンイミンとも呼ばれている。アルデヒドまたはケトンと第一アミンとの脱水縮合反応により合成され,室温固体のものも知られている(表)。低級脂肪族アルデヒドから生じるシッフ塩基は重合しやすく,三量体として存在する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シッフ塩基
しっふえんき
Schiff base
ドイツの有機化学者であるシッフHugo Schiff(1834―1915)が発見した化合物の総称。一般式R1R2C=NR3で示される。アルデヒドまたはケトンと第一アミンを作用させると、水とともに生じる。アゾメチン、アニル、イミンなどの別名がある。
 脂肪族炭化水素基をもったものはほとんどが無色の液体であるが、芳香族のものは淡黄色の固体となる場合が少なくない。一般に芳香族の誘導体のほうが合成しやすく安定である。酸触媒で容易に加水分解される。生体内におけるアミノ基転移反応でもシッフ塩基が中間体となると考えられている。[務台 潔]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

シッフ塩基
シッフエンキ
Schiff's base

次の一般式で表される化合物の一般名.アルデヒドまたはケトン第一級アミンの縮合によって合成される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シッフ塩基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シッフ塩基の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation