@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シテ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シテ
能楽の役柄。通常かたかなで書くことを原則とするが古くは「仕手」「為手」とも書いた。ではシテが主役であり,1曲に1人。他の役はすべてシテに従属する。1曲が前後2段に分れる複式の能の場合は,前半を前ジテ,後半を後ジテという。前,後の役柄が変っても同一の役者が演じるのを原則とする。シテに付随する役がシテヅレであり,ツレの役がシテと並ぶほどに重要なとき,便宜上両ジテという場合がある (『二人静』『蝉丸』『曾我兄弟』など) 。狂言においても,1曲の主役をシテという。古くはオモという呼称もあったが,今日ではすべてシテといっている。 (→アド )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

シテ
能、狂言の主役。前後二場に分かれている時は前シテ、後ジテという。主役の相手方をワキ、助演の役をツレ、シテに属するツレをシテツレ(略してツレ)、ワキのツレをワキツレとそれぞれいう。狂言の脇役はアド。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

して【シテ】
能および狂言の役種の名称で,一曲の主役のこと。語源的には〈仕手〉〈為手〉などの字があてられ,〈演技する人〉〈役者〉一般をさし,世阿弥時代には〈脇の仕手〉などの用語も見えるが,のち主役のに固定した。能には,一曲中にワキツレを欠くものはあっても,シテを欠く能はない。狂言もまた,まれに独り狂言と称し,登場人物はシテ一人だけという曲がある。前後2場から成る能では,前ジテ・後ジテと呼び分ける。前ジテと後ジテは《三井寺》の狂女のように,まったく同一人物である場合と,《井筒》で前ジテの里女(さとおんな)が後ジテの紀有常の娘の霊の化身であるというような場合と,また《船弁慶》の前ジテが静御前で後ジテが平知盛の霊というようにまったく別人物である場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シテ
して

(1)能の主役。仕手、為手。一曲のなかで絶対的な重さをもつ演者であると同時に、演出、監督の権限を有する。つねに現実の男性の役であるワキに対し、シテは女・老人・神・鬼・霊などにも扮(ふん)し、能面をつける特権をもつ。前後2段に分かれ、シテがいったん楽屋などに退場(中入(なかいり))する能では、中入前を前シテ、中入後を後(のち)ジテとよぶ。同一人物が扮装を改めて再登場するのが普通だが(例『井筒』『三井寺(みいでら)』)、前後まったく異なる人物の場合もある(例『船弁慶』)。そのときも同一役者が演ずるのが原則。シテは一曲一人であるが、とくに重要なツレを両ジテとして同格に扱う場合もある(例『二人静(ふたりしずか)』『蝉丸(せみまる)』)。三役(ワキ方、囃子(はやし)方、狂言方)に対するシテ方には、観世・金春(こんぱる)・宝生(ほうしょう)・金剛・喜多(きた)の五流がある。喜多流を除く四つの座は、江戸時代までは専属の三役を擁していた。明治以降は催しごとの自由契約制となっている。シテのほか、ツレ・トモ・子方などシテに従属する役、地謡(じうたい)方、後見方、作り物の製作はシテ方の職責である。

(2)狂言の主役。オモともいう。能のように独立の職種ではなく、狂言方はシテにも相手役のアドにも扮する。

[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シテ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シテの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation