@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

シトー派修道会【シトーはしゅうどうかい】

旺文社世界史事典 三訂版

シトー派修道会
シトーはしゅうどうかい
Ordo Cisterciensis
1098年,クリュニー修道院の聖ロベルトゥスによりフランスのシトー荒野に創立された修道会。ベネディクト修道会会則を厳格に守る修道生活をめざす
ベルナルドゥスによって全西ヨーロッパに広められ,12〜13世紀に最盛期に達し,一時は教会において指導的立場を占め,修道院数も1800におよんだ。ヨーロッパの開墾と文化の促進に寄与したが,14世紀後半から衰えた。17世紀にトラップ修道院長ランセが改革運動を起こし,それにちなんでトラピストが修道会の代名詞となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シトー派修道会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シトー派修道会の関連情報

関連キーワード

祖庭事苑シトー会シトー会惣社(総社)造船業チュニジア殿暦ハインリヒ[5世]波々伯部保覚円(1)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation